来週に、トランプ大統領の講演を控え、今週は様子見ムードの可能性

先週は、週始め一時19500円回復するが、
その後は19100~19500円の中でのもみあい

 先週の予測では、10日(金)の日米首脳会談が期待以上で終わり、為替も113円台の円安進行となったことや、トランプ大統領の大型減税やインフラ期待でアメリカ株式は史上最高値を続けていることで、日経平均の追随を想定しました。その場合19500~19600円の目先の上値抵抗ゾーンを突破できるかどうか注目とし、それは為替の円安がどこまで進行するかにかかっているとしました。

 結果的には、週始めに113円台の円安や国内企業の好決算を受け一時19500円台にのせるものの、その後は円安が進まず目先の下値水準とした19100~19500円のレンジでのもみあいとなり、19500~19600円のレンジを試す動きとはなりませんでした。

 週始めの13日(月)は、10日(金)の日米首脳会談が波乱なく通過したことで、△134円の19513円と買い先行で始まり、一時△140円の19519円まで上昇するものの、利益確定売りに押され上げ幅を縮小して△80円の19459円で引けました。しかし、14日(火)は前日のアメリカ株式の主要3指標が史上最高値更新で買い先行で始まるものの、利益確定売りで下げへ転換し後場になるとトランプ大統領の側近のフリン補佐官の突然の辞任や東芝の決算発表延期を受けて▼220円の19236円の大幅反落となりました。15日(水)は、前日のアメリカでイエレン議長のアメリカ経済に楽観的な見方や3月の利上げの可能性も示唆したことでドルが買われて1ドル=114円台となり、3指標はそろって最高値更新となったことで日経平均は△199円の19437円と大幅反発しました。 16日(木)は前日のアメリカ株式は最高値が続いているものの日本市場では為替が113円台となったことを嫌気し、▼177円の19260円まで下落し終値では▼90円の19347円でした。

 週末の17日(金)は、為替がさらに113円台前半への円高・ドル安となってきたことで利益確定売り先行となり、材料不足もあって先物主導の売りも入り、一時▼174円の19173円まで下げ終値は▼112円の19234円で引けました。1週間を通すと高値は13日(月)の19519円、安値は17日(金)の19173円となり、おおよそ19100~19500円のレンジの動きとなりました。

 週末17日(金)のアメリカ市場は、3連休を控えて軟調な取引となっていましたが、後場になると買い優勢となりNYダウは△4ドルの20624ドルと7日続伸となりました。3指標は終値では最高値更新でした。為替はアメリカの長期金利や欧米の政局不安を背景に相対的な安全資産として円買い優勢となり、一時112.62円の円高となり、シカゴ日経先物は▼70円の19130円となっていました。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 来週に、トランプ大統領の講演を控え、今週は様子見ムードの可能性