相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(8088)岩谷産業

 四季報によると、市況下落や採掘休止で鉱物原料が後退。産業ガスは投資負担重い。だが、LPガスが後半も数量伸びるうえ、原料安過程で生じた差損が解消。連続最高益。18年3月期は鉱物原料復調。利益小幅増。17年4月の自由化に伴い、関電、中部電力と提携。両社から保安業務受託。ノンフロン製品手掛ける企業を買収。福島で世界最大規模の水素製造拠点構築へ。

 2月6日決算発表。2017年3月期予想は、前年同期比で営業利益は+2.5%の210億円、経常利益は+1.9%の220億円と小幅の増収・増益見通し。

 現在は、2012年9月6日の262円を安値とする上昇トレンド(A)の中にあります。この中でこの年の11月14日の297円を安値とするアベノミクス相場にサポートされ、2013年3月22日の481円まで上昇後、調整を入れて8月22日の353円を安値に角度の大きい上昇トレンド(B)へ移行しました。この中で2014年11月25日の892円でピークをつけ、下降トレンド(C)へ転換し2016年1月21日の550円をつけて3月31日の668円まで反発、再下落となって6月24日の551円でダブル底をつけ9月21日に597円で買転換となり、下降トレンド(C)を上にぬけて上昇中となっています。2016年3月31日の668円を突破してきましたのでダブル底を確認した形となり一段高が期待できます。
 
(8088)岩谷産業
 

(6924)岩崎電気

 四季報によると、LEDは高天井照明が伸びる。光・環境も後半低採算案件消え好転。競争厳しく営業減益だが円高で原料安、生産効率化も想定超。会社計画は慎重。18年3月期は五輪施設用スポーツ照明が伸長。ミネベアが当社の発行済み株式の3・83%取得し筆頭株主に。アジアで照明生産やIoT対応照明開発へ。硬化用など電子線照射の小型実験装置を開発し拡販。

 2月6日発表。2017年3月期予想は、前年同期比で営業利益は-37.6%の13億円、経常利益は-45.6%の10.5億円と減収・減益となっています。但し、2018年3月期には増益に転じる見通しです。

 新たに筆頭株主になったミネベアとの提携強化も期待材料です。リニア新幹線や東京五輪関連銘柄といえます。

 2012年11月12日の105円の安値から、アベノミクス相場にサポートされて上昇トレンド(A)を形成。この中で2014年3月7日の273円まで上昇後、いったん上昇トレンド(A)を下に切って10月21日の218円まで下げるものの、もみあって2015年3月31日の223円を安値に再上昇となり、5月20日には315円の高値をつけました。ここをピークに下降トレンド(B)に転換し、2016年の7月8日の125円まで下落し底打ちとなりました。ここから7月27日の155円まで自律反発したあと、押し目を入れてもみあい8月31日に144円で買転換となって反発に転じ、今年の1月5日には199円まで上昇するものの下降トレンド(B)の上値斜線にアタマを抑えられ短期の売転換となって押し目を形成しています。
 
(6924)岩崎電気
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!