相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(6208)石川製作所

 四季報によると、紙工機械は受注増だが売上への貢献は来期以降に。ただ、期末に向けて防衛機器の納入進む。繊維機械、メンテや部品の受託生産は堅実な動き。営業益上向く。18年3月期は紙工機械はやや伸びるが、防衛関連受注が低調。営業益再び低下。紙工機械は米国に担当員を張り付け、印刷大手の営業攻勢。国内では割安の普及品タイプを投入、拡販目指す。

 2016年11月11日時点。2017年3月期予想は、前年同期比で営業利益+42.0%の1.25億円、経常利益+14.9%の0.85億円とわずかだが増収・増益。

 2012年9月5日の590円(併合前59円)を安値に、11月中旬からのアベノミクス相場にサポートされて急角度の上昇トレンド(A)となり、この中で2013年4月11日の2050円(併合前205円)の高値をつけました。ここをピークに買われすぎからの急落で、8月1日の1070円(併合前107円)まで下落し、その後、ゆるやかな上昇トレンド(B)となっていましたが、11月27日の1430円(併合前143円)で戻り天井となって下降トレンド(C)へ移行しました。この下降トレンド(C)の中で2016年2月12日の550円(併合前55円)で底打ちとなり、10月28日の600円を2番底にして1月30日に756円で買転換となり、下降トレンド(C)を横にぬけて上昇トレンド(D)を形成しつつあります。トランプ大統領の政策との関連で日本の防衛関連がテーマとなる可能性があります。
 
(6208)石川製作所
 

(7955)クリナップ

 四季報によると、柱のキッチンは高級品増え製品構成良化。宣伝費急減、物流費抑制など採算改善効果が想定以上。会社営業益まで増額。18年3月期も高級キッチンで稼ぐ。バス着実。年金基金解散損失戻入特益ない。 旗艦ショールーム・キッチンタウンを10月、名古屋に開設。高級キッチン売り込む橋頭堡に。台湾等に続く海外市場としてインドネシア、ベトナムを調査開始。

 2016年11月7日時点。2017年3月期予想は、前年同期比で営業利益+121.4%の25億円、経常利益+153.7%の22億円と大幅な増収・増益の見通し。

 2012年11月13日の527円を安値にアベノミクス相場にサポートされて、2014年1月15日の1010円まで上昇。ここから2月4日の791円まで押し目を入れ再上昇となって3月31日の1045円の高値をつけました。ここをピークに下値を800円水準にして、上値を切り下げる展開となり、2015年8月18日の949円を高値に下放れとなり、9月7日の703円まで下落しました。ここからいったん10月7日の928円まで上昇するものの下降トレンド(B)を形成することになりました。この下降トレンド(B)の中で2016年1月21日の644円で底打ちとなり、下降トレンドを上にぬけて5月20日の805円まで上昇し、再下落となって6月17日の662円まで下げ、上昇トレンド(C)へ移行しました。この上昇トレンドの中で12月13日の1002円の高値をつけたところで、短期の売転換となって押し目を形成しているところです。
 
(7955)クリナップ
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!