今週は、トランプ大統領の具体的な政策待ちで様子見へ

<20日の就任式を控え様子見の中で、下値は18650円まで下げ終値は19000円台回復>

 先週の予測では、トランプ次期大統領の就任式を控え、基本は様子見としながらも、もう一波乱を警戒しておく必要があるかもしれないとしました。 結果的に、17日(火)は▼281円の18813円となって柴田罫線で短期の売転換となり、18日(水)には18650円まで下げて反発し△80円で引けて、その後、週末は19000円台を回復して引けました。

 16日(月)は、薄商いの中を114円台の円高を嫌気し利益確定売り優勢となって▼192円の19095円となりました。出来高は14.6億株、売買代金は1兆8872億円と、ともに今年最低となりました。17日(火)は前日のアメリカ市場はキング牧師誕生記念日で休場ながら、イギリスのEUからの強硬離脱懸念が重しとなり、円高基調となっていることで全面安となり、▼281円の18813円で引けました。すでに週始めの予測で柴田罫線では、19125円を終値で下回れば一段安としたように、そのような動きとなって短期の売転換となりました。18日(水)は、前日にトランプ氏がインタビューで「ドルが高すぎる」と発言したことで、1ドル=112.66円で引けており、これを受けて前場は18650円まで下げました。目先の下値レンジは18500~18800円の中間値より少し下にあたります。しかし、円高が一服すると後場には下げすぎから切り返し△80円の18894円で引けました。19日(木)は、前日のイエレン議長の講演を手がかりにドル・円が18日終値114円32銭から一時114円80銭台まで急速に戻したことで、買い戻し中心に買いが入り△177円の19072円と3日ぶりに19000円台を回復しました。

 20日(金)の日本市場の引け後のアメリカ市場は、注目のトランプ氏の大統領就任式でした。NYダウは△111ドルの19843ドルと高値をつけるものの、就任演説の内容を確認したいということで△26ドルの19759ドルまで上げ幅を縮小しました。しかし、演説内容が想定通りだったことで再上昇となって△94ドルの19827ドルで引けました。為替は1ドル=115円台前半でしたが、利益確定売り優勢となって114.56円で引け、シカゴ日経先物は▼25円の19135円でした。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週は、トランプ大統領の具体的な政策待ちで様子見へ