相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(9009)京成電鉄

 四季報によると、マンション分譲減に土地売却益消滅が痛手。だが主柱の鉄道は訪日客利用増えスカイライナー好調。営業益横ばい圏へ。持分益増、利払い減で最高益更新。18年3月期はマンション分譲増を軸に増益。当社初のホームドアを17年度日暮里駅に設置、京成上野駅には固定柵設置。東京駅~成田空港間走る高速バスに無料Wi‐Fiサービスを16年11月開始。

 2016年10月31日決算発表。2017年3月期予想は、営業利益で-0.1%と前回、7月の-4.4%から上方修正(270億円→282億円)し、経常利益も+2.9%の438億円となっています。

 成田空港と都心を結び外国人の訪日客数は着実な伸びが期待できます。

 2014年5月7日の1698円(分割前849円)を安値に大幅上昇となって2015年1月29日の3412円まで上昇。ここをピークに9月8日の2394円まで下落後は、おおまかに2400~3400円のボックス圏の動きとなっています。この中で2016年4月21日の3338円を戻り天井に下降トレンド(B)を形成し、この中でボックスの下限前後(2400円前後)で、8月19日の2336円を安値とする三点底(逆三尊天井)となって反発し、下降トレンド(B)を上にぬけて直近の高値8月1日の2838円も突破して、今年の1月6日に2986円まで上昇して押し目となっています。
 
(9009)京成電鉄
 

1 2 3

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!