相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(3941)レンゴー

 四季報によると、板紙、段ボールは単価軟調でも販売量増で大幅押し上げ。軟包装が国内はコンビニ向け需要増、海外拡販。工場稼働率上がり、円高による原燃料価格低下や赤字事業撤退も寄与し営業益伸長。18年3月期は買収した重量物段ボール会社上乗せ。重量物段ボール・トライウォール社取引先の自動車メーカーに当社製品も提案。ベトナムの段ボール原紙工場を増設。

 2016年11月2日決算発表。2017年3月期予想は、前年同期比で営業利益は+52.6%の240億円、経常利益は+44.3%の240億円の大幅増収・増益の見通し。2016年5月13日時点、8月2日時点の予想と変わらず。

 2012年10月10日の311円を安値に11月中旬からのアベノミクス相場にサポートされ、2013年12月27日に651円まで上昇。ここから2014年5月9日の447円まで下落後は、450円台を下値とする上下動をくりかえしていましたが、2016年1月21日の459円を安値に大幅上昇となり、7月11日に717円の高値をつけました。この高値圏で592円を安値とし、717円を高値とする三角保ち合い(C)となり、上放れつつあるようにみえます。
 
(3941)レンゴー
 

(5658)日亜鋼業

 四季報によると、落石防止網、フェンスなどの普通線材や鋼索、鋲螺製品の数量が増加。償却費が増え、上期低下した原料仕入れ価格も下期は反発。ただ、増産効果に加え、燃料・物流コスト軽減でしのぐ。利益改善。18年3月期は線材など数量・単価が上昇。 付加価値高い車向けなどの特殊線材の比率向上目指す。亜鉛メッキ線製造のタイ持分法会社は17年度黒字化がメド。

 2016年3月期予想は、前年同期比で営業利益+125.6%の6億円、経常利益+14.2%の9億円の増収・増益の見通し。

 2012年10月4日の183円を安値に、11月中旬からのアベノミクス相場を受けて上昇トレンド(A)となり、この中で2013年12月26日の415円でピークとなりました。ここから上昇トレンド(A)を下に切って2014年の4月11日の263円まで下落したあと、9月17日の351円まで反発し、10月14日の304円まで押し目を入れ、下値を切り上げる直角三角形の保ち合い(B)となりました。この中で煮詰まってきたところで下放れとなり、2015年7月9日の294円の安値をつけて、いったん8月6日の333円まで反発し、ここから下降トレンド(C)へ移行しました。この下降トレンド(C)の中で2016年6月24日の201円で底打ちとなって三角保ち合いをつくり、煮詰まったところで9月30日の219円を安値に上放れとなり、下降トレンド(C)もぬけて12月12日に319円まで上昇しました。
 
(5658)日亜鋼業
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!