1月20日のトランプ次期大統領の就任までは様子見の方が無難

<大発会急騰後は、円高受けて2日続落だが底堅い展開>

 大発会は△479円の19594円と大幅反発し、柴田罫線ではさらに上値を目指すろく買出現となったことで、2万円が視野に入ったとしました。ただし、あと2日の営業日はもみあいを想定しました。

 結果的に大発会の4日(水)は、前日のアメリカ株高と円安を受けて△184円の19298円で寄り付き、目先売りスタンスだった投資家も買い戻しと債券先物売り・株価指数先物買いが交じりあって、売り物が少ない中を上昇し△479円の19594円と高値引けとなりました。2015年12月7日以来の1年1ヶ月ぶりの高値水準でした。 翌日はアメリカ株高を受け続伸して始まるものの△21円の19615円とザラ場での昨年来高値を更新したあとは、売り優勢となり▼120円の19473円まで下げ、終値は▼73円の19520円でした。一時、1円以上の円高にふれて116円台前半まで下げましたが、外需株の代わりに内需株が買われ、値下がり銘柄数より値上がり銘柄数が多く▼73円の19520円と反落しました。週末の6日(金)は、前場は円高を嫌気して▼166円の19354円まで下げるものの、売り一巡後はETFの買い期待もありプラスに転じる場面もありましたが、引け後のアメリカの雇用統計を控え▼66円の19454円と2日続落して引けました。先週は為替が大きく円高に動く場面があるものの下値は堅く基本的には堅調な展開といえます。

 6日(金)の日本市場の引け後のアメリカ市場では、12月雇用統計は非農業部門雇用者数は予想を下回ったものの、前月分が大幅に上方修正され失業率も4.7%と変わらず、賃金の伸びは7年半ぶりの高水準となったことで、強い雇用統計の内容であると受け取られ、景気拡大・インフレ期待が高まり金利先高感が強まりました。長期金利が2.4%台となったことでドル買いが再燃し115円台から117円18銭まで買われました。NYダウは2万ドルにあと0.34ドルと迫る19999ドル台まで買われましたが終値は△64ドルの19963ドルでした。シカゴの日経先物がドル高・円安を受けて△185円の19585円となっていました。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 1月20日のトランプ次期大統領の就任までは様子見の方が無難