今週は、海外投資家はクリスマス休暇で高値圏でのもみあいへ

<今週は、FOMCの利上げ決定も、逆に急激な円安受けて9日続伸>
 先週の予測では、先高感は強いが、今週はFOMCの利上げ後の動きに注意が必要としました。又、先高期待は強いものの主要なテクニカル指標である騰落レシオや25日移動平均乖離率は今年の最高値を更新しており、過熱感が強いとしました。 結果的には、FOMCは利上げを決定し、これをきっかけにNYダウは▼118ドルの19792ドルと反落、ただ為替がドルの急騰となったことで日本株式は続伸となり、さらにアメリカ市場はたった1日の下げのあとは、再びトランプラリーが再開しました。そのため日経平均は連日の上昇が続き、週末の16日(金)は△127円の19401円と9日続伸(7日連続年初来高値)となって昨年の12月8日以来、約1年ぶりの19400円台を回復しました。

 週前半は、アメリカ株式の上昇や115円台の円安を背景に先高感から先物主導で上昇し、12日(月)は△158円の19155円、13日(火)は△95円の19250円と6日続伸しました。14日(水)は引け後のアメリカでのFOMCを控え様子見から前場は▼15円と7日ぶり小反落しましたが、後場には切り返して△3円の19253円と7日続伸となりました。

 さて注目のFOMCは、金利0.25%の引き上げを決定、0.5%→0.75%となりました。同時に来年の金利見通しを従来の年2回から年3回の予想となったことで利上げベースの加速見通しが高まり、日米金利差拡大からドルが急騰し、1ドル=115円台→117円台となりました。アメリカ株式は下落となりNYダウは▼118ドルの19792ドル、しかしシカゴ日経先物は円安を受けて△160円の19340円となっていました。

 15日の日本市場は、FOMC結果の急激な円安を受けて△74円の19327円で寄り付き△183円の19436円まで上昇するものの、すぐにマイナスに転じ前場は▼28円の19226円でした。しかし日銀のETF買い観測から切り返し終値では△20円の19237円となって8日続伸でした。週末の16日(金)は前日のアメリカ市場がたった1日で切り返しトランプラリーが再開したことで、欧米株式が上昇し、為替は118円台後半の円安へと進んだことで、日経平均は△127円の19401円と9日続伸(7日連続の年初来高値更新)で引けました。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週は、海外投資家はクリスマス休暇で高値圏でのもみあいへ