先高感強いが、今週はFOMC後に注意が必要

<アメリカの連日の史上最高値更新に連動して日経平均も連日の年初来高値更新>
 先週は、週末にメジャーSQを控えイタリアの国民投票の結果を受け大きな押し目買いのチャンスがくる可能性を想定しました。 結果的には、イタリアの国民投票は憲法改正の反対が多数を占め、レンツィ首相は辞任を表明したものの週始めだけの下げに終わり、その後はアメリカ株式の4主要指標が連日の史上最高値更新となったことが日経平均も4日続伸となって連日の年初来高値を更新し、週末は一時19000円を回復しました。週始めの下げの押し目は浅く買いチャンスとなりませんでした。

 週始めの5日(月)の日経平均は、イタリア国民投票の結果を受けて首相が辞任を表明。これを受けて先行き不透明感から▼151円の18274円となりました。6日(火)の日経平均は△85円の18360円と3日ぶりに反発しました。その後はアメリカ株式が主要指標そろって史上最高値更新が続いていることで日本市場もSQ算出日に向けて買い優勢となり、7日(水)は△136円の18496円、8日(木)は△268円の18765円と年初来高値を更新しました。9日(金)は、12月限のオプションSQは18867円となって、その後も円安、原油高が支えとなり、先物買いを支えて上げ幅を拡大し、一時19000円台を回復し、終値は△230円の18996円となりました。

 日本市場の引け後のアメリカ市場は、株価の先高期待から週末の利益確定売りを上回り、12月ミシガン大学消費者信頼感指数も予想を上回ったことで、前日につづいて4指標が史上最高値を更新しました。ドルも115.37円まで買われて115.31円で引けました。シカゴの日経先物は△195円の19185円となりました。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 先高感強いが、今週はFOMC後に注意が必要