良いアクティブ運用とは?

―対ベンチマーク運用の衰退とハイリーアクティブ運用の再起―
 
良いアクティブ運用とは?

 良いアクティブ運用とはどのようなものでしょうか?ベンチマークと大きく乖離した銘柄組み入れを行う中小型株投資や厳選投資といったハイリーアクティブ運用が広がってきました。一方、一時期広がった対ベンチマーク運用の中には、ほとんどパッシブ運用と変わらない隠れパッシブ運用となってしまったものが多くあるといわれています。ここではこれらの運用の特徴を解説し、良いアクティブ運用とはどのようなものか考えてみましょう。

アクティブ運用の歴史

 1990年代以前は、アクティブ運用といえば日経平均株価やニューヨークダウ平均株価などのベンチマークとの比較はそれほど行わずに良いと判断した銘柄を組み入れる、本来のアクティブ運用しかありませんでした。

 しかし2000年代に入るころ、ベンチマークとまったく同じ投資成果を目指すパッシブ運用が普及したこと、金融工学の発展によってアクティブ運用とベンチマークを徹底的に比較可能となったことから、ベンチマークとの比較を重視したアクティブ運用(対ベンチマーク運用)が広がりました。対ベンチマーク運用では運用成績もリスクも対ベンチマークで相対的に測定され、それぞれアクティブリターン、トラッキングエラーとよばれました。そして、アクティブリターンをトラッキングエラーで割ったものが評価軸として用いられ、本来の投資成果である絶対リターンが軽視されました(*1)。

 ところが2009年、エール大学の研究(*2)により、ベンチマークから乖離したハイリーアクティブ運用の運用成績が良いことが示されました。彼らはアクティブシェア(*3)というベンチマークからの乖離度を示す指標を作り、過去の運用成績よりもアクティブシェアの方が将来の運用成績を予測することを示しました。さらに、パッシブ運用とほとんど変わらない対ベンチマーク運用が多く存在することを示し、隠れパッシブ運用と名づけました。

 2010年以降、ハイリーアクティブ運用の良さが広く理解され、今では、対ベンチマーク運用の全盛期は終わり、本来のアクティブ運用であるハイリーアクティブ運用の時代が戻ってきたといえるでしょう。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> その他> 良いアクティブ運用とは?