誰でもできる企業評価と株式投資

・アナリストをやっていると、儲かる銘柄を教えてほしい、と聞かれる。私はいつも同じ答えをする。「教えません。すぐに蔵が建ってしまうから、それは本人にとってよくありません」とジョークで返す。プロを自任しているので、儲かる銘柄を当てることは容易にできる、と勝手に思っている。

・では、どういう企業の株価が上がるのか。これは明瞭で、業績の伸びる会社の株が上がる。それは当たり前だ、と感じるかもしれない。しかし、過去に業績が伸びた会社を調べることはすぐさまできるが、これから10年間、業績がしっかり伸びる会社を見極めることはかなり難しい。

・過去10年伸びてきた会社は、今後も伸びるだろうか。強い仕組みや能力を備えているのだから、これからも伸び続ける可能性は高いといえるかもしれない。でも、世の中を見ると、環境が変わり、ニーズが変化し、競争条件が一気に不利になる、ということも頻繁に起きている。

・とすると、先行きは分からない。分からないことに投資はできない。大事なお金を1円でも損するのは嫌だ、というように考え、株式投資はやらないという人も多い。分からないので自分ではやらないが、投資信託を買ったり、ラップ口座などの相談型お任せ運用にお金を託したりする人は増えている。でも、1年に数回の下げ局面、数年に1回の大きな下げ局面で損が発生し、その後中々取り戻せない人もいる。

・金融機関は顧客のニーズをよく汲み取って、的確な商品を提案するという。しかし、高い手数料や運用フィーをとって、パフォーマンスが悪くても自分は儲かる仕組みを作っているのではないか。こうした運用を信じて託した投資家はあまり報われない、ということもいわれる。金融庁はこれを問題にしている。

・どうすればよいのか。投資家サイドから考えてみよう。まずは、自分の所有する資産・負債をすべて時価評価してみて、株式投資に使える金額をはっきり定めることである。次に、株式投資をして、いくら儲けたいと思うか、いくらの損なら許容できるか、を明確にすることである。1円でも損するのが嫌だ、という人は株式投資に向いていないので、損に対する考え方を見直す必要がある。

・3つ目は、局面によって、株式投資に損はつきものであるが、いくつかの銘柄を組み合わせて「損して得取れ」が実現できるようになる。4つ目は、個別の株価は常に上下しているが、自分が関心を持った株価をウォッチして、何で株価が動くかを知ろうとすることである。毎日の株価が何で動いているかを知ることは相当難しい。単純に言えば、買う人が多いから上がり、売る人が多いから下がるのであるが、そんなことはさして気にしなくてよい。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> その他> 誰でもできる企業評価と株式投資