2016年12月1日時点での主要市場見通し

花の一里塚~市場見通しサマリー

2016年12月1日時点での主要市場見通し

zu0主要
 

基本シナリオと見通し数値について

 今号より、見通し期間を2017年12月までに延長した。短期的には、「トランプ相場」の行き過ぎ感があり、米新政権発足の1月にかけて、一旦内外株価や外貨相場は反落の恐れが強いと考えている。ただし長期的には、世界経済の持ち直しに沿った、株価上昇・外貨高の流れを、引き続き予想している。別の言い方をすれば、緩やかながら、ディスインフレ(日本はデフレ)+マイナスあるいはゼロ金利+安全で収益性の高い投資先選好から、マイルドインフレ+プラス金利+成長性指向投資へと、潮流が変化する動きだろう。

 ただし、それはすべての企業や産業が、何もしなくても救われる流れではない。引き続き競争は厳しく、リスクを取って工夫を凝らす企業や産業しか生き残れまい。個人も同様だ。その結果、失敗して消える企業や産業も多かろうが、新しく成長する企業や産業が現れることで、経済全体としては前進していこう。

 一方、政治的には、「何もせずに救われたい」といった層の不満が、無記名投票を媒介として噴出している。こうした層が、今後の政治に対し、勝手に抱いた期待を裏切られたと感じて勝手に失望し、政治に対する激しいバックラッシュとして表れる恐れがある。これが米国で潮流となる可能性が高く、それを先取りして、2017年中に米国株価や米ドル相場に変調が生じる恐れがある。内外株価や外貨相場のピークは、2017年末ではなく、その手前になる可能性を想定すべきだろう。

2016年12月までの予想について、具体的な修正は次の通り(下線太字部は変更箇所)。

日経平均株価(円) 16000~18000 ⇒ 1750019000
10年国債利回り(%) -0.3~0.3 ⇒ 変更なし
米ドル(対円) 97~108 ⇒ 110117
ユーロ(対円) 110~120 ⇒ 113125
豪ドル(対円) 75~85 ⇒ 7787

2017年6月までの予想について、具体的な修正は次の通り(下線太字部は変更箇所)。

日経平均株価(円) 16000~21000 ⇒ 17000~21000
10年国債利回り(%) -0.1~0.5 ⇒ 変更なし
米ドル(対円) 100~115 ⇒ 107117
ユーロ(対円) 110~130 ⇒ 変更なし
豪ドル(対円) 75~100 ⇒変更なし
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 2016年12月1日時点での主要市場見通し