相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(1835)東鉄工業

 四季報によると、受注は土木・建築とも増勢で1200億円(前期比4%増)。完工も駅ホームドアや駅改良工事などのJR東関連中心に豊富な手持ちを順調消化。施工効率化で労務費高こなし最高益更新、連続増配。高崎文化芸術センター建設工事を竹中などとJV受注。山手線に続き京浜東北線の駅ホームドアも受注。民鉄では東武鉄道複線化工事手掛け、線路敷設も有力。

 11月8日決算発表。2017年3月期予想は、前期比で営業利益+2.6%、経常利益+2.0%の小幅の増収・増益。5月11日時点、8月5日時点の予想と変わらず。

 2015年1月27日の2884円を高値に7月9日の2370円まで下げたあと、三角保ち合い(A)となり、この中で9月25日の2429円を安値に上放れとなって12月30日の3075円まで上昇しました。ここから今年の1月21日の2600円まで下げたあと、上昇トレンド(B)へ転換し、3月31日に3540円のピークをつけました。ここから急落となって6月24日には2436円まで下げ、今度は急反発となって7月21日の3285円まで上昇し、もみあったあと再下落となって8月8日に2700円まで下落しました。2700円は長い下ヒゲとなって、その後は2800円水準を下限にもみあいザラ場では、8月8日の2700円、9月15日の2751、11月9日の2785円と下値を切り上げる形となり、11月18日に3035円で買転換となりました。
 
(1835)東鉄工業
 

1 2 3

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!