今週は、18000円水準で値固めの動きか

今週は、18000円水準で値固めの動きか
   ― 但し、過熱感高まっており注意が必要 ―

<先週は、トランプ政策期待とドル高・円安続き、週末は一時18000円台回復>
 先週の予測では、先週末の終値が17344円と11月SQ値を大きく下回っているため早い段階で上にぬければ4月25日の17613円をすでにクリアーしているので2月1日の17905円までは、上値抵抗ラインらしいものはないとしました。さらにNYダウの上昇と円安が続けば日経平均は18000円水準を目指すことになるともしました。 結果的に、すぐにSQ値を突破しトランプ新政権の政策への期待も継続して、NYダウが4日連続の史上最高値を更新し、為替も10日間で9円をこえる円安となったことで週末の日経平均は10ヶ月ぶりに一時18000円を回復し、終値では△104円の17967円で引けました。

 週明けの14日(月)は、トランプ次期大統領に対する政策期待を背景にアメリカ株高、ドル高、円安を受け、4月25日の17613円を突破して△297円の17672円となりました。翌日は一服するものの16日(水)は前日のアメリカ市場でNYダウが4日連続で史上最高値を更新し、為替も109円台前半の円安とさらに原油高が加わったことで△194円の17862円と9ヶ月ぶりに17800円台を回復しました。17日(木)は高値警戒感から、こう着感の強い動きとなって△0.4円の17862円でしたが、週末の18日(金)は、前日のアメリカ市場で経済指標が好調なうえにFRBのイエレン議長が議会講演で12月利上げを示唆する発言をしたことで、利上げ観測が高まり1ドル=109.99円まで円安が進行し、これを受けて日経平均は一時△181円の18043円と10ヶ月ぶりに18000円台を回復し、終値では△104円の17967円で引けました。

 日本市場の引け後のアメリカ市場では、高値圏で寄り付くもののドル高への警戒感や週末のポジション調整もからみ売り優勢となってNYダウは▼35ドルの18867ドルと小反落しました。但しナスダックはザラ場では史上最高値を更新する強い動きとなっていました。為替は朝方は国債利回りが上昇に転じ、12月利上げを織り込むドル買いが再燃して、1ドル=110.95円まで買われ110.88円で引けました。シカゴの日経先物は△55円の18025円でした。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週は、18000円水準で値固めの動きか