トランプ新政権への期待相場も、いったん沈静化し一服も

<先週は、予想外のトランプ氏当選で、予想外の株価上昇>
 先週の予測では、クリントン氏勝利ならば株価はリバウンド、トランプ氏勝利ならば株価は一段安(但し、その後はアメリカの景気は回復しているので反発)としました。

 クリントン勝利を予想していましたが、結果的には予想外のトランプ氏の勝利となり、NYダウは年初来高値を更新し、為替は1ドル=106円台後半となり、日経平均も一時約7ヶ月ぶりの17600円台を回復する動きとなりました。

 週明けの7日(月)は、この日の早朝にFBI長官がクリントン氏の私用メール再捜査で「訴追を求めない」と発言し、クリントン氏優勢となったとの見方から△271円の17177円と反発しました。しかし、9日(水)には前日のアメリカ大統領選でトランプ氏の勝利が確定的になると日経平均は▼1059円の16111円まで急落し、▼919円の16251円で引けました。為替も1ドル=105.46円から101.19円までのドルの急落となりました。アメリカでも時間外取引では、NYダウは一時▼5%をこえる急落となっていましたが、トランプ氏が勝利演説の中で、規制緩和策や減税、インフラ投資計画を述べると政策への期待が浮上し、9日(水)は△256ドルの18589ドルと終値ベースで史上最高値を更新しました。為替は106.95円までドルが買われることにないました。10日(木)の日本市場は、アメリカ株高と円安を受けて△1092円の17344円と前日の下げを一気に回復し、今年最大の上げ幅をなりました。週末の11日(金)は、前日のアメリカ市場でNYダウが△218ドルの18807ドルとなってザラ場、終値で史上最高値を更新し、為替はトランプ氏の政策がインフレ加速要因になるとの見方で長期金利が上昇し、ドルは106.95円まで買われました。これを受けて日経平均は、一時4月25日の17613円を上回って17621円まで上昇しましたが、終値では△30円の17374円でした。この日は11月オプションのSQ日で、SQ値は17596円でした。

 日本市場の引け後のアメリカ市場では、原油価格が1バレル=43.0ドルまで下落し、9月20日以来の安値となったにもかかわらず、トランプ新政権への期待が続き、又、消費関連の決算を好感してNYダウは最高値更新となりました。シカゴの日経先物は△20円の17420円でした。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> トランプ新政権への期待相場も、いったん沈静化し一服も