☆リスクを取るには、元気がいる?

トップ会談

 安倍首相は10日、トランプ氏と初の電話会談で、17日にニューヨークで会談することを決めた。外務省は一切事前調整せず、トップ同士で決めたようだ。

 プーチン大統領との会談前に、米国の次期大統領と会談を持つことは意味がある。プーチン大統領との会談は、従来の米政権ならば、横やりを入れられていた可能性がある。そこまでは考えにくいが、トランプ氏勝利の可能性含みで、事前にプーチン大統領との会談を決めていたとすれば、Well Done! の一言だ。

 トランプ氏が大統領になると、日本は追い詰められると、メディアや識者たちは喧伝していたが、私はそうは見ていない。もっとも、米国人の約半数が支持したトランプ氏の当選を、「トランプ勝利は誰も予想していなかった」などというメディアや識者、あるいは市場関係者の目は曇っているので、傾聴するには値しない。ブレグジットも似たようなものだった。

参照:EU離脱まったなし。米シンクタンク調査にみる英国民投票の「理想と現実」=矢口新

 トランプ氏の外交姿勢は、基本的には「自分のことは、自分でやれ」ということだ。内向きだとの解釈もあるが、外向きに世界中に干渉し、世界の嫌われ者となったことへの反省だ。また、国内に多くの問題を抱え、他国どころではなくなったことを直視した。

 その意味では、トランプ氏が大統領になれば、暴言に怒るイスラム過激派によるテロが頻発するという見方も疑わしい。過激派にも多くの派閥があるので、テロが減るとは一概には言えない。しかし、米国の外向きの世界干渉、特に、アフガニスタン、イラク、シリア、リビア、リベリアなど、イスラム諸国への干渉がテロの増加につながったとすれば、内向きに米国内を優先することは、テロの動意を減少させる。

 過激と言えば、トランプ氏当選に怒るクリントン氏支持の良識派が、全米各地で過激な行動に出ているらしいのはなんとも皮肉だ。

 トランプ氏は日本にも、米軍に守って貰いたいならば対価を要求すると言っている。真の意味で「独立」したいならば、主従関係ではなく、契約により「米軍を雇え」と言っている。それが、敵対関係を意味するのでないことは、米軍が撤退し、日本が自立するなら「核保有」を認めると言っていることでも明らかだ。誰が敵に「核武装」しろと言うだろうか?

 TPPも同様だ。米国の利益を最優先することは、米国人の政治家として当然のことだ。これまでの米政治家も皆そうしてきた。違うところは、これまでの米政治家は「あなたのため」、「国際社会のため」だと言いながら、自国のために他国を振り回してきたところだ。日本への原爆投下も、日本のためだったと聞かされてきた。

 ようやく、初めて、日本を一国として、独立国として扱うという人が、米国の大統領になる。大人と大人の付き合いになるので、交渉事はタフになる。しかし、これまでのような主従関係ではなくなる可能性が出てきた。私は、安倍晋三首相の行動力に期待している。やっと、日本を一人前に扱ってくれる人が、米国側の交渉相手となる。

参照:トランプ米次期大統領と、安倍首相に期待する【みんなの外為FXコラム】
コラムの小見出し
「チェンジを求めていた米国民」
「トランプ大統領は、本当に予想外なのか?」
「日本はピンチなのか?」

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> ☆リスクを取るには、元気がいる?