【Alox分析】今年の粉飾を把握する〔2016年〕- 小売業の窮地 -

【今年の傾向】
実に、21社中9社(43%)が利益捻出型の粉飾だった。

特に小売業において、利益捻出型の粉飾が多かった
インバウンドの爆買いの反動、消費不況などにより、小売業は苦境にある。

昨今、百貨店やスーパーの再編、アパレルの小売のリストラをなどのニュースは耳にする。

苦境にある業界は、「利益を作成する可能性がある」と疑っても、損は無い。

【粉飾のテクニック実例集】
今年は、下記のようなテクニックを用いて、不正会計が実行された。

〔マツモトキヨシホールディングス〕
上司からの強制的な指示により、担当者が棚卸データを改竄し、改竄データのみを経理担当者に渡し、経理担当者が会計システムに入力するという手順で、棚卸資産を過大計上して、利益を捻出していた。

〔ユナイテッドスーパーマーケットホールディングス〕
実体の無い架空の売上を計上したことによって発生した架空売掛金に対して、付け替えや「仮払金」「立替金」等の名目で出金した資金による消し込み等により、滞留売掛金が表面化しないようにした。

◆チェックポイント
 → 架空売掛金の消し込みとして、「仮払金」「立替金」はよく使われる科目である。

〔曙ブレーキ工業〕
取引先の適正在庫量を大幅に超える量の商品の「押込販売」し、各期末の売上高及び営業利益を過大計上した。

商品は自社工場から出荷したが、取引先の営業所を含む倉庫には適正に収容しきれない商品を、実質的に当社が賃借していると評価せざるを得ない外部倉庫に保管していた。

会社全体において「押込販売」なる言葉が不用意に用いられていた。

〔ジョイフル本田〕
期末の実地棚卸の際に、見本品、サンプル、什器備品等の無評価品に売価をつけて棚卸資産として計上していた。

棚卸原票を改ざんする方法としては、金額や数量の数字を書き換える(線を書き足して「1」を「4」にする。)、インクを消す薬剤を使用して数字を書き換える等の方法が見られた。

◆チェックポイント
 → 数字を書き換えるために、インクを消す薬剤を利用するのは興味深い。

〔日本ハウスホールディングス〕
監査法人による売掛金残高確認状は、残高上位の得意先数社に対して送付されていたが、ビール副課長は、意図的に多数の得意先に分散して架空売上を計上していたため、確認状送付の相手先には選定されなかった。

実地棚卸では実際は空のタンクにビールが貯蔵されているように見せかけるために、醸造品質課副課長に協力を仰ぎ、タンクのメータに細工を施していた。

◆チェックポイント
 → 在庫があるように見せるためにタンクのメータを細工するのは興味深い。

〔ホウスイ〕
着服行為は、小口現金や預金から仮払金として出金した後、売掛金、諸資産科目に振り替えたり、架空経費や架空割戻しを計上してたほか、特定仕入先からの請求書を偽造するなどの方法により着服を行っていた。

◆チェックポイント
 → 仮払金は、資金流出の常套手段。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 
みんかぶマガジン> 全ての記事> その他> 【Alox分析】今年の粉飾を把握する〔2016年〕- 小売業の窮地 -