2016年11月1日時点での主要市場見通し

③外国為替相場
zu7為替
 
・10月の外貨相場は、対円で堅調に推移した。なかでも米ドルは、米財務省半期為替報告書による米ドル高けん制にもかかわらず、米国景気の堅調さを反映して、対円だけではなく、対ユーロなど他の主要通貨に対しても上昇する形となった。

・豪ドルはじわじわと上値を伸ばしているが、これは世界経済に対するいたずらな悲観論が薄れ、鉱物類を含む国際商品市況が底固さを増していることと、それに基づく豪州経済への悲観論並びに金利先安観が後退していることによる。

(以上)

◆関連サイト
馬渕治好氏が代表を務める事務所 ブーケ・ド・フルーレット
馬渕氏の詳細レポートがいよいよ販売開始!お申し込みはコチラ!

1 2 3 4 5

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 2016年11月1日時点での主要市場見通し