2016年11月1日時点での主要市場見通し

花の一里塚~市場見通しサマリー

2016年11月1日時点での主要市場見通し

zu0主要
 

基本シナリオと見通し数値について

 短期的に、11月上旬にかけて、株安・円高への反動を懸念していたが、今のところその心配は杞憂に済んでいる。そのように、短期的な市場波乱を見込んでいた背景は、1)米国株の割高さが修正されうる、2)米大統領・議会選挙や米財務省半期為替報告書などによる、政治的な米ドル安が生じうる、3)日本株については、7~9月期までの企業業績の不振を織り込みに行くと予想される、といった点だった。米国株は上値が極めて重い展開が続いており、その点は予想通りだったが、為替市場は財務省半期為替報告書の米ドル高けん制を軽視し、国内企業業績の不振はある程度織り込み済みとして国内株価は推移している。現時点ではまだ米大統領選挙も国内企業の決算発表も終わってはおらず、ごく目先の市場波乱の可能性は残っているが、徐々に(世界景気の持ち直しによる)中長期的な内外株高・外貨高の流れに入っていくと考えている。

 2016年12月までの予想について、具体的な修正は次の通り(下線太字部は変更箇所)。

日経平均株価(円) 14700~17500 ⇒ 1600018000
10年国債利回り(%) -0.3~0.3 ⇒ 変更なし
米ドル(対円) 97~107 ⇒97~ 108
ユーロ(対円) 105~120 ⇒ 110~120
豪ドル(対円) 70~85 ⇒ 75~85

 2017年6月までの予想について、具体的な修正は次の通り(下線太字部は変更箇所)。

日経平均株価(円) 15000~21000 ⇒ 16000~21000
10年国債利回り(%) -0.1~0.5 ⇒ 変更なし
米ドル(対円) 100~115 ⇒ 変更なし
ユーロ(対円) 110~130 ⇒ 変更なし
豪ドル(対円) 75~100 ⇒変更なし
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 2016年11月1日時点での主要市場見通し