今週は、FOMCや米10月雇用統計を控え個別株物色へ

<先週は、ETF買い期待に下支えされ、円安進行を受けて17500円接近へ>
 先週は、17200円台を回復してきたことで、今期の4-9月期の決算を控え、利益確定売りも出やすいことから様子見となって、もみあいを想定しました。

 17200円台には、いくつかのフシがあるため本格上昇は17300円を突破し、売買代金が2兆円を上回ってきてからだとし、基本的には11月8日の大統領選を通過するまでは、上にも下にもいきにくいとしました。ただし、為替が現状の円安水準(104円台)が維持できれば、決算通過でアク抜けも考えられるともしました。

 結果的には、早くも17300円を突破し週末の28日(金)は、17461円まで上昇して△109円の17446円で引けました。

 10月24日(月)は、前場利益確定売りがでたものの、後場には日銀のETF買い観測がでて株価の下支えとなり、△49円の17234円となりました。25日(火)は前日のアメリカ株高と為替の1ドル=104円台前半の円安を受けて△130円の17365円と半年ぶりの高値水準をつけました。26日(水)は、前日のアメリカ株安を受け、売り先行で始まりましたが、後場再び日銀のETF買い思惑が入ってプラスに転じ△26円の17391円と3日続伸しました。27日(木)は、騰落レシオが145%をこえるなど短期の過熱感を示す指標が多く、一服となって▼55円の17336円と4日ぶりの反落でした。週末の28日(金)は、前日のアメリカ市場で良好な経済指標を受けて12月利上げ観測が高まり債権安(長期金利の上昇)となって、ドル買いが加速し、1ドル=105円台の円安進行となったことで輸出関連の主力株中心に買われて△109円の17446円と反発して引けました。売買代金はリバランス(銘柄入替)もあって3兆1330億円と大きく膨らみました。

 週末28日(金)のアメリカ市場では、7-9月期のGDP速報値が前期比年率で+2.9%と市場予想を上回り、年内利上げ観測を後押しする形となったことで、ドルは一時7月29日以来の105.53円まで買われました。しかし、FBIがクリントン氏に対する私用メールの再調査を行うとの報道で大統領選に不透明感が生じリスク回避的なドル売りとなって104円台半ばまで下げました。シカゴ日経先物は▼55円の17405円でした。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週は、FOMCや米10月雇用統計を控え個別株物色へ