今週は、3月期第2四半期(4-9月)決算控え、様子見が基本

<先週は、円安基調背景に好材料続き一時17200円台回復>
 先週の予測では、アメリカの本格決算や為替の動きをみながら16700~17000円のレンジの動きの中で、レンジの上限を試す動きになるとしました。チャートからは、9月5日の17156円を突破するには売買代金が2兆円に満たない状況では難しいともしていました。

 結果的には、円安基調の中で原油価格の回復、クリントン候補の優勢の高まり、外国人投資家の買い戻しもあって5日続伸となり、一時17200円台を回復する動きとなりました。

 週始めの17日(月)は、前週末のアメリカ株高と円安を受けて一時16954円まで上昇するものの、決算、大統領選のテレビ討論会待ちで△43円の16900円と小幅続伸でした。18日(火)は前日のアメリカ市場では、原油価格が50ドル割れとなったことやフィッシャーFRB副議長が年内利上げを示唆する発言から株式は反落となりましたが、為替は104円水準で落ち着いていたことで△63円の16963円と3日続伸しました。19日(水)は、前日のアメリカで企業の好決算が相次いだことで反発し、これを受けて日経平均も一時17000円を回復し、△35円の16998円と4日続伸となりました。この日の引け後のアメリカ市場では、金融株が好決算となり、さらに原油価格が△2.6%の1バレル51.6ドルと15ヶ月ぶりの高値となったことで株式は続伸しました。これを受けて20日(木)の日本市場は反発スタートとなり、11日の直近高値17074円を上抜くと買い戻しが早まり、アメリカのテレビ討論会でクリントン候補のさらなる優勢が伝わると上げ幅を拡大し、△236円の17235円と5日続伸で5ヶ月ぶりの17200円台回復となりました。

 上値のポイントとしていた9月5日の17156円を突破し、売買代金も13日ぶりに活況の目安となる2兆円をこえてきました。 週末の21日(金)は、前場はアメリカの反落にもかかわらず為替が104円台前半の円安だったことで、買い先行で始まり17288円まで上昇しましたが、後場になると円安一服や鳥取地震への警戒感から利益確定売り優勢となって▼50円の17184円と6日ぶりの反落で引けました。

 21日(金)のアメリカ市場では、マチマチの企業決算を受けNYダウは一時▼112ドルの18049ドルまで下落するものの、引けにかけては下げ幅を縮小し▼16ドルの18145ドルで終了しました。シカゴの日経先物は△30円の17250円でした。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週は、3月期第2四半期(4-9月)決算控え、様子見が基本