今週も、アメリカの決算や為替の動きをみながら16700~17000円のレンジの動きか

<3連休明けの先週は、円安基調にもかかわらず材料不足で16700円台まで下落>
 先週の予測では、当初は7日(金)のアメリカの9月雇用統計が予想を下回ったことで、為替が円高へと進んでいたものの、日本の休日の間に円安方向に回復したことで、日経平均は目先の上値ポイントである17156円を突破できれば、一段高の可能性もあるものの、突破できなければ17000円をはさんだもみあいとなり、16700~17100円のレンジでの動きを想定しました。

 結果的には、連休明けの11日(火)に17074円の高値をつけ、14日(金)には16727円の安値をつけて16856円で引けました。

 11日(火)は、前日にNY原油は一時、1バレル=51.60ドルと6月29日以来の水準となり、欧米株高、円安を受け日経平均は17074円まで上昇して△164円の17024円と大幅反発し、1ヶ月ぶりの17000円台を回復しました。しかし、引け後のアメリカで企業決算の先陣を切ったアルコアの7~9月期決算が予想を下回り、失望売りとなり、さらに年内利上げ見通しも投資家心理を悪化させNYダウは▼200ドルの18128ドルとなり、柴田罫線では短期の売転換となりました。これを受けて12日(水)の日経平均は▼184円の16840円と反落しました。13日(木)も為替も104円の円安にもかかわらず為替要因だけでは材料不足であり、中国の貿易収支の悪化を受けて▼65円の16774円の続落となりました。 週末の14日(金)は、前日の欧米株安を受け、売り先行となって16727円まで下げるものの、104円台前半の円安を好感し、プラスに転じて△82円の16856円で引けました。10月のSQ値は16741円でしたので、これを上回って引けました。

 売買代金をみると、SQ清算日であるにもかかわらず1兆9660億円と2兆円を突破できず、少し異常な市場ボリュームの低迷が継続しています。

 14日(金)のアメリカ市場は、金融決算の好調さや小売売上高が予想通りだったことで、NYダウは一時△162ドルの18261ドルまで上昇するものの、原油価格が一服となり、ミシガン大学消費者信頼感指数の悪化、さらにイエレン議長を始め当局者の12月利上げ示唆発言が重しとなって、上げ幅を縮小し△39ドルの18138ドルで引けました。シカゴの日経先物は△25円の16875円でした。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週も、アメリカの決算や為替の動きをみながら16700~17000円のレンジの動きか