京三製[東1](6742)、東京五輪開催でホームドアの設置が急務に

 京三製[東1](6742)は、390円どころの高値圏で保ち合いを形成しています。

 東京メトロ銀座線の青山一丁目駅で8月15日に発生した視覚障害者の転落・死亡事故を受け、国土交通省が鉄道駅ホームの安全性向上対策の検討に着手することから、関連する銘柄として下値に買いが入っています。

 鉄道事業者などで構成する検討会を立ち上げ、ハード・ソフト両面から総合的対策を検討。昨年2月に閣議決定された交通政策基本計画(14~20年度)で掲げたホームドア設置目標の前倒しや、新しいホームドア技術の普及促進が図られる見通しで、同社が可動式ホーム柵を手掛けていることが注目されます。

 3月末時点では、東京メトロ9路線の全179駅でホームドアが設置されているのは、47%にあたる85駅で、東京都営地下鉄では約6割が整備済みですが、全国では1日10万人以上が利用する約250駅のうち、約3割の77駅しかホームドアが設置されていなません。国交省は平成23年度、1日に10万人以上が利用する駅のホームドア設置を鉄道各社に要請済みで、東京オリンピック・パラオリンピックの開催を控え、ホームドアの設置が進むと見られます。

 同社の可動式ホーム柵は、2000年夏に東京急行電鉄の目黒線で運用を開始して以来、約5000開口の納入実績を持っていますから、今後も増加すると思われます。

 足元の業績ですが、今2017年3月期は営業減益見込みですが、老朽化した交通信号制御機、交通信号灯器、道路交通情報板などの更新需要への対応や、災害時に備えた防水型交通信号制御機、電源付加装置などの拡販に注力しています。来年創立100年を迎え来18年3月期は業績回復が期待されますので、中長期的な視点で注目されます。

 また、日銀によるTOPIX型ETF買いウエートの高まりを背景に低PBR銘柄を見直す動きも出ています。PBR0.64倍と割り負けしてますので、下値不安は小さいと思われます。

 株価は、日足では25日移動平均線、週足では13週移動平均線がサポートする形で三角保ち合いを形成しており、そろそろ煮詰まりつつあり、上値抵抗線の400円(15年3月高値)突破出来るかがポイントと考えます。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

リンク記事:WSCOPEはFFRIなどに続くか、レオス取得銘柄に関心向かう(2015年9月8日)
リンク先:https://money.minkabu.jp/51852

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

■WSCOPE[東1](6619)
1870円紹介(2015/9/8)→3675円(2016/5/13)まで上昇

 今後も投資に役立つ視点で投稿していきますので、是非注目して下さい。
 
ji_161013_6742
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 京三製[東1](6742)、東京五輪開催でホームドアの設置が急務に