今週は17000円台のせても上値重く、16700~17100円のレンジを想定

<雇用統計を前に利上げ観測が高まり、原油高から円安進行で一時16900円台へ>
 先週の予測では、週末の7日(金)に、アメリカの9月雇用統計を控え16300~16900円のレンジの中で、一進一退の動きになることを想定しました。結果的には、アメリカの経済指標が相次いで予想を上回り、年内利上げ観測が高まって円安にふれ、原油高もドル買いをサポートしたことで、日経平均は戻りを試し、一時16971円まで上昇しましたが終値では16900円を突破できませんでした。

 週初めの3日(月)は、前週末のアメリカでドイツ銀行の信用不安の後退や101円台の円安へのふれを受け△148円の16598円と反発して始まりました。4日(火)は、前日のアメリカ株式は下落したものの、為替が102円台の円安進行となったことで、△136円の16735円と続伸しました。さらに5日(水)も円安進行となって△83円の16819円と3日続伸し、6日(木)は、前日のアメリカ市場で9月のISM製造業景況指数が予想を上回り、年内利上げ観測が強まってドルが買われ、さらに原油価格も上昇してドルが買われ、1ドル=103円台後半の円安となり、日経平均は一時16971円まで上昇しましたが、終値では△79円の16899円の4日続伸でした。週末の7日(金)は、3連休とアメリカの9月雇用統計を控えて手控えとなり、海外では為替は一時104.16円まであったものの、その後は円高にふれていたことで手がけにくい状況となり、利益確定売り優勢で▼39円の16860円と5日ぶりの反落でした。16900円台にのせると戻り売りに押されて17000円を突破できないのは、売買代金が2兆円を割る状況が続いているためといえます。

 週末7日(金)の日本市場の引け後のアメリカ市場では。注目の9月雇用統計は、市場予想を下回ったことで年内利上げがやや後退し、為替は一時ドルが102.86円まで売られましたが、年内利上げ観測が見送られるほどの内容ではなかったことで、雇用統計への見方がかわり、NYダウは▼28ドルの18240ドルと小幅安で引けました。シカゴ日経先物は▼105円の16785円となっていました。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週は17000円台のせても上値重く、16700~17100円のレンジを想定