続・日本のデフレは止まるのか?

消費者物価指数の現状

 2014年6月4日の当コラムでは『日本のデフレは止まるのか?』と題し労働市場の分析からその原因を探りました。

 当稿では、その後の消費環境について状況をアップデートしたいと思います。
 
zu1
 
 まずは、消費者物価動向から見てみましょう。グラフのデータは、総務省が毎月公表している消費者物価指数を前年同期比で示したものです。日銀による質的・量的緩和や消費増税などを背景に指数は上昇したものの、その後のエネルギー価格下落も相俟って指数は下落基調にあります。このグラフの推移からは、「日本のデフレは止まり、消費者物価の前年比上昇率2%の物価安定の目標が達成された」と判断することはできません。この背景について、前回使用した労働市場のデータを用いて原因を探っていきましょう。

賃金の動向

 賃金の動向を示す賃金指数を見てみると、パートタイム労働者、一般労働者(パートタイム以外の常用労働者)とも、2009年をボトムに回復基調が続いています。景況感の回復による労働力の不足を受け、需給のタイト化を反映する形で賃金上昇が進んでいるものと考えられます。
 
zu2
 
 一方、賃金指数全体に目を向けると、賃金指数の低下トレンドから脱却するには至っていません。パートタイム労働者の比率が上昇していることで一人あたりの賃金が低下しているためです。パートタイム労働者と一般労働者との賃金水準格差は緩やかに縮小しているものの、依然としてフルタイム労働者の6割弱に留まり格差は大きい状況です。
 
zu3
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> その他> 続・日本のデフレは止まるのか?