相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(5981)東京製綱

 四季報によると、ワイヤロープは中国エレベーター用が減り、内需も停滞。タイヤ用コードは日本・中国で厳しい。ただ、新興国向け防災製品が増え、炭素繊維ケーブルが増勢。営業益小幅続伸。営業外の為替差損ない。炭素繊維ケーブルはインドネシア送電線向け中心に、米国でも今期新工場稼働で事業開始を計画。中国のタイヤ用コードは利益率高い製品へ受注シフト図る。

 8月9日決算発表。2017年3月期予想は、前期比、営業利益+2.3%、経常利益+25.8%の増収・増益。5月12日時点と変わらず。

 2012年10月11日の78円を底値に、11月中旬からのアベノミクス相場にサポートされ、2013年5月21日の185円まで上昇。その後、上値で185円をピークとする180円前後の上値抵抗ラインとして、下値は6月27日の107円を安値とする下値切り上げの形(A)となっていましたが、2014年5月21日の120円を安値に上昇トレンド(B)となり、12月19日に256円の高値をつけました。12月19日の256円をピークに2015年5月28日の246円、12月3日の230円と順下げの三尊天井となって下放れし、今年の2月12日に128円で底打ちとなりました。ここから短期の上昇トレンド(D)となって5月31日に162円で買転換となりました。ここからいったん下落となり、6月24日に132円まで下げたあと反発となり、8月31日に180円まで上昇して3月30日の173円を更新する戻り高値をつけました。
 
(5981)東京製網
 

(4530)久光製薬

 四季報によると、医療用鎮痛消炎貼付剤はパップ剤新製品好発進も、柱のテープ剤が経口後発薬の侵食や薬価改定受け続落。米国更年期障害用も苦戦。ただ米国での人員削減が効き採算改善。営業微増益。連続増配か。新製品不発で縮小均衡。約130人の営業員を今期中にほぼゼロにし、収益性改善急ぐ。今後は新製品投入時に他社との提携等で最適な販売体制構築。

 7月8日決算発表。2017年2月決算予想は、前期比で営業利益+1.0%、経常利益+3.5%の小幅の増収・増益見通し。

 2015年4月9日の5360円の戻り高値から9月29日の3815円まで押し目を入れ上昇トレンド(A)を形成。この中で今年の2月2日の5720円で戻り高値を更新し、2月12日の4455円まで下げて再上昇となり、6月10日の6300円、7月11日の6390円、7月21日の6180円と三尊天井となって、7月25日に5790円で売転換となり、上昇トレンド(A)を下に切りました。8月30日の4535円まで下げて2月12日の4455円からの上昇の全値押しとなって反発しています。
 
(4530)久光製薬
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!