来週のFOMC・日銀金融政策決定会合を控え様子見続く

<先週は、やや円高にふれるものの16830~17156円の中でのもみあい>
 先週の予測としては、日経平均の戻りのあとは9月20-21日のFOMCを前に再び様子見となり、17000円水準での下値固めの展開を想定しました。

 結果的には、想定通り5日(月)の17156円を高値に円安一服を受けて17000円をはさんだもみあいとなり、8日(木)には16836円まで押し目を入れ、週末の9日(金)は16965円で引けました。

 5日(月)は、先週末のアメリカの8月雇用統計が予想を下回ったことで9月の利上げ観測が後退し、欧米株式が上昇したのを受け、日経平均は17156円まで買われ△111円の17037円と反発しました。6日(火)は、前日のアメリカ市場は休場だったことで△44円の17081円と続伸でした。その後は8月ISM非製造業景況指数が予想を下回り、さらに早期利上げ後退で円高にふれ利益確定の売りで、8日(木)には16836円まで下げるものの、日銀のETF買い期待で下値は限定的でした。9日(金)は、日銀総裁と首相の会議を受け先物に思惑的な買いが先行し、17000円台を回復しましたが結果的に何も起こらなかったことで△6円の16965円で引けました。

 9日(金)の日本市場の引け後のアメリカ市場は、ボストン連銀総裁やダラス連銀総裁が9月の利上げの可能性に言及したことや北朝鮮の核実験も不安材料となったことで、10年債利回りが上昇し、株式は売られてNYダウは▼394ドルの18035ドルの急落となりました。但し、シカゴの日経先物はドルが買われて一時103円台の円安となったこともあり▼210円の16650円でした。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 来週のFOMC・日銀金融政策決定会合を控え様子見続く