相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(8242)エイチ・ツー・オー リテイリング

 四季報によると、阪神梅田の改装終わり売上回復。阪急うめだは富裕層の高額消費が横ばい維持。中間層の鈍調や訪日客の購入単価漸減を補う。食品事業がイズミヤ統合で採算向上。営業益伸びる。株売却特益ない。4月に食品スーパー事業再編。中間持株会社新設しイズミヤと阪食などを傘下に置く。商品調達や加工など運営面をグループ内で一体化し、イズミヤ再建急ぐ。

 7月27日決算発表。2017年3月期予想は、前期比で営業利益+4.9%、経常利益+8.0%と増収・増益だが伸び率は縮小。但し、五期連続の増収・増益見通し。

 2015年7月24日に2976円でピークとなり、9月8日の2038円まで押し目を入れたあと、11月24日の2790円まで反発するものの、ここが戻り天井となり、その後は下降トレンド(A)入りとなりました。この中で今年の7月8日に1285円、8月3日に1281円とダブル底のような形となって反発し、9月2日には1473円で買転換となって下降トレンド(A)を上にぬけてきました。
 
(8242)エイチ・ツー・オー リテイリング
 

(7744)ノーリツ鋼機

 四季報によると、ぺん先製造やシニア向け通販は安定成長。子会社増加の医療事業拡大。上期軸に新規投資費用かさむが、通期営業増益。プリンタ事業売却に伴う損失なくなる。小児先天性心疾患を対象とした再生医療等製品で治験開始。TOBで子会社化したジーンテクノサイエンスなどバイオ領域に重点。6月有償ストックオプションを発行、人材の維持・確保につなげる。

 8月8日決算発表。2017年3月期予想は、2016年3月期比で営業利益+125.9%、経常利益+93.6%と急回復見通し。当期利益黒字転換へ。

 2012年11月15日の282円を安値に、アベノミクス相場にサポートされて2013年5月21日の978円まで暴騰となりました。ここをピークに6月7日の551円まで下落後、2014年5月14日の865円まで反発するものの、戻り高値となって10月17日の555円まで下げ、ダブル底の形をつくるものの2015年6月11日の784円までの反発のあと、このダブル底水準の556円を切ったところで一段安となり、今年の2月12日には370円の安値をつけました。しかし、ここから急角度の上昇トレンド(B)となって5月24日には963円まで上昇しました。しかし買われすぎから再下落となり8月18日に613円の安値をつけ、ここで目先の底打ちとなって8月25日に682円で買転換となっています。
 
(7744)ノーリツ鋼機
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!