週末にアメリカ雇用統計を控え、戻りのあとは再び様子見へ

<先週は、4日連続売買代金が2兆円割れる薄商いの中でのもみあい>
 先週の予測では、週末の26日(金)にイエレン議長の講演を前に様子見ムードが続くことになるとし、チャート分析では16000~17000円のボックス圏の中で16300~16800円の動きを想定しました。結果的に薄商いの中でもみあいが続き高値は23日(火)の16663円、安値は26日(金)の16320円と想定内の動きとなりました。

 週初めの22日(月)は、為替がやや円安となって101円に接近していることで△52円の16598円と続伸となるものの、23日(火)は、再び円が100円に接近したことやETFの買いが入らなかったことで▼110円の16497円と16500円を割りました。24日(水)は、円高一服で△90円の16597円と反発、25日(木)は▼41円の16555円の反落と材料不足のため薄商いの中を、もみあう展開に終始しました。22~25日までの4日間は、売買代金が連続で2兆円を下回るという状況でした。週末の26日(金)は、この日の引け後のイエレン議長の講演を見極めたいムードのなか、ポジション調整や日経平均採用銘柄の入れ替えに伴う一時的な需給のかたよりから値ガサ株に売りが出て、後場の取引開始直後に▼235円の16320円をつけて安値圏でのもみあいとなって▼195円の16360円で引けました。

 日本市場の引け後の注目とされたイエレン議長の講演は、経済指標の改善からは利上げすべき状況がととのってきたと表明し、具体的な時期のタイミングには言及されなかったが、年内利上げが意識される動きとなりました。特にフィッシャー副議長は、9月の利上げを否定しなかったことで年2回の利上げへの思惑もでてきました。今週末発表の8月雇用統計が利上げの判断材料になることを強調しました。これを受けて為替は、1ドル=101.94円まで上昇し、引けは101.84円となり、シカゴ日経先物は日米金利差の拡大期待から△190円の16590円となっていました。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 週末にアメリカ雇用統計を控え、戻りのあとは再び様子見へ