相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(6138)ダイジェット工業

 四季報によると、柱の切削工具は国内が新製品投入も自動車向けなどやや減少。ただ輸出は米国が戻り歩調、チェコなど欧州向けが伸び、中国向け足踏みを補う。在庫評価減消える。原料安享受。税負担平常化。4月に耐磨工具技術部を耐磨工具事業部へ変更。販売、技術、生産技術一体化の事業部制組織で効率運営。タングステン不使用の複合新材料『サーメタル』拡販。

 7月29日決算発表。2017年3月期予想は、2016年3月期比で営業利益+4.9%、経常利益+4.7%と増収・増益の見通し。

 2011年からの下値を切り上げ、上値を切り下げるゆるやかな三角保ち合い(A)の中で、2014年4月9日の143円を安値に7月2日に158円で買転換となり、暴騰となって7月17日に411円の高値をつけました。ここから7月31日の247円まで急落し、8月1日の330円まで自律反発したあとは、下降トレンド(B)→(C)となり、この中で今年の2月12日には116円と出発点の143円を大きく切りました。ここでもみあって6月24日に118円と2点底の形となり、8月9日に147円で買転換となって下降トレンド(C)をぬけてきています。
 
(6138)ダイジェット工業
 

(5017)富士石油

 四季報によると、前期のような定期修繕なく袖ヶ浦製油所が高稼働。販売増に加え、自家燃費減。大型設備の減価償却終わる。油価1バレル40ドル前提で在庫評価益21億円(前期は129億円の損)。営業損益は黒字浮上。原油安で自己資本を毀損だが、資本準備金取り崩し等で単独繰越赤字110億円一掃へ、6円復配意向。17年の大規模定修に合わせ石油ピッチ焚発電設備導入。

 8月10日決算発表。2017年3月期予想は前期比、営業利益、経常利益ともに黒字転換。
 営業利益 2016年3月期-87億円 → +135億円。
 経常利益 2016年3月期-95億円 → +124億円。

 2014年3月27日の251円を安値に上昇トレンド(A)を形成。この中で2015年6月9日の521円でピークとなり、順下げの4山形成となって下放れし、上昇トレンド(A)を切って9月29日の331円まで下落し11月10日の398円まで自律反発後、再下落となり6月9日の521円からの短期の下降トレンド(B)となって今年の2月10日には242円までの大幅下落となりました。ここを安値に6月9日の413円まで戻し、再下落となって8月3日の282円、8月10日の279円とダブル底に近い形となって反発し8月22日に319円で短期の買転換となっています。
 
(5017)富士石油
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!