今週は、週末のイエレン議長講演を控え様子見からもみあいへ

<先週は、為替の1ドル=100円割れもあり一時16500円割れ>
 先週の予測では、12日(金)の終値が16919円となって過去の累積売買高が膨らんでいる16550~16850円を突破し、一時SQ値の16926円、7月21日の戻り高値16938円を上回ったことで、チャート上は上値を試す形となったものの、為替は1ドル=105円を下回ったままであり、ファンダメンタルズからは上値は追えない状況ですので、夏休みでの市場参加者が少ない中ではこう着感の強い展開になるとしました。 結果的には、原油の反発が続きアメリカでの早期利上げが後退したことを材料にドルが売られ、一時100円を切る円高となっていることで、輸出企業の主力株が売られ一時16500円を切るものの、それ以上は日銀のETF買い期待もあって売り込みづらく週末は16545円で引けました。先週をみると為替が目先は100円を切るとは思っていませんでしたが、100円を切ったわりには日経平均の下値は堅いといえます。安値は16481円、高値は16887円と400円の値幅の中での動きとなりました。

 15日(月)は、先週末に2ヶ月ぶりに16900円台のせとなっていたことや、お盆ということもあって出来高が2年4ヶ月ぶりの12億4377万株、売買代金は今年2番目の低水準となったことで利益確定売り優勢となって▼50円の16869円と反落スタートとなりました。16日(火)は、為替でドルが売られ100円台前半の円高となったことで輸出株が売られ▼273円の16596円と大幅続落しました。17日(水)は、前日のアメリカ株式は下落したものの円高一服となって101円台前半まで円安にふれたことで、買い戻しがはいって△149円の16745円と3日ぶりの大幅反発となりました。しかし中身をみると値下がり銘柄数919、値上がり銘柄数927とほとんどかわらず、日経平均の指数を引き上げる一部の銘柄中心に買われたということがわかります。その結果、翌日18日(木)は、▼259円の16486円と全面安の形となりました。市場ボリュームが少ないためにETF買いがあるかないかの思惑で先物に振り回される動きとなっていました。19日(金)は週末で手がかり材料に欠け、為替も100円近辺にあるため16500円台での値動きに終始しました。

 週末のNYダウは、史上最高値圏にあることや26日(金)のイエレン議長の講演を控え様子見ムード強く、▼45ドルの18552ドルと小反落となり、シカゴの日経先物も大証比で▼45円の16475円の反落となりました。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週は、週末のイエレン議長講演を控え様子見からもみあいへ