リファインバースはリバウンド相場入りも、決算説明会を22日に予定

 リファインバース[東マ](6531)は、前週18日2030円(+28円)。同社は、産業廃棄物の中間処理業者で、オフィスで使用される使用済みタイルカーペットの再資源化や、首都圏で排出される建築系廃棄物の収集運搬、中間処理を行っていますが、目先調整一巡感のでた直近IPOとして見直される可能性があります。

 同社は7月28日にマザーズ市場に上場。同日に3060円(公開価格は1700円)と買い進まれた後、8月12日に上場来の安値1811円と調整。

 三井住友海上キャピタルの保有株が155,700株(11.09%)から26,000株(1.85%)と急減、産業革新機構の保有株が210,000株(15.24%)から190,000株(13.78%)と減少したことがわかっていますから、ひとまずベンチャーキャピタルによる売り一巡と見ることが出来ます。

 また、思惑材料として、取引先であり、105,000株(7.26%)保有している住江織[東1](3501)が、不適正会計で決算発表を延期し、株価が低迷していましたので、救済的な動きとしてリファインバース[東マ](6531)の底上げとの思惑も浮上しそうです。

 12日大引け後に発表した6月本決算は、今6月期純利益が1億6400万円(前期ひ2.3倍)と連続最高益更新を見込んでいます。

 今月末までIPOの予定はなく、決算説明会が22日に予定されていますから、好実態が大きく見直され直近IPOとしてリバウンド相場入りも期待されることから、マークしておいた方が良いでしょう。
 
ji_160822_6531
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> リファインバースはリバウンド相場入りも、決算説明会を22日に予定