相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(7148)FPG

 四季報によると、運用難背景に金融機関からの紹介増。オペリース投資商品が活況。不動産小口商品も上乗せ。会社再増額計画まだ慎重。前号比でもやや上振れ。増配幅は再拡大か。17年9月期も課税繰り延べニーズ旺盛。資金調達枠884億円(前期比2割増)と伸長。今後は枠拡大のみを追わず、回転率高め利益率向上図る段階入り。札幌、金沢、岡山に新店開設、10支店体制へ。

 7月29日決算発表。2016年9月期予想は、4月28日の時点で2015年9月期比で営業利益を+24.4%、経常利益を26.0%と上方修正したが7月29日時点でも変わらず好業績維持。

 2015年4月13日の1545円を高値に下降トレンド(A)を形成、この中で7月9日の823円まで下げて反発し、下降トレンド(A)を横にぬけるものの再下落となって8月25日には683円の安値をつけました。その後は734~945円のボックス相場(B)となっていましたが、この中で今年の1月21日に755円の安値をつけて反発に転じ、4月12日には1424円と昨年の4月13日の1545円に対する戻り高値をつけました。ここを当面のピークに下降トレンド(C)を形成し、この中で8月3日に881円の安値をつけて反発しているところです。
 
(7148)FPG
 

(3941)レンゴー

 四季報によると、板紙は数量伸び鈍るが、段ボールは高機能品を軸に拡販。軟包装堅調。円高・重油安に加え、前期稼働の自家発電設備が寄与し燃料費急改善。営業増益。重量物段ボール社買収は表記に織り込まず。重量物段ボール世界大手トライウォール社を中国独禁当局の承認前提に10月買収。年商200億円規模だが、当社既存客への同社製品拡販等で相乗効果狙う。

 8月2日決算発表。2016年3月期は、前期比大幅な増収・増益で着地。2017年3月期は、2016年3月期比で営業利益+52.6%、経常利益で+44%の増収・増益見通し。

 2012年10月10日の311円を底値に、11月中旬からのアベノミクス相場にサポートされて上昇トレンド(A)を形成し、2013年12月27日の651円でいったんピークとなり、上昇トレンド(A)を切って2014年5月9日に447円まで下落しました。ここからは450円水準を下値に、上値を切り上げる直角三角形の保ち合いとなり、この中で今年の1月21日に459円を安値に急上昇となり、6月9日に708円まで上昇して、2013年の高値651円を更新しました。ここから6月24日の592円まで押し目を入れ、再上昇となって7月11日に717円で再び高値更新となり大きな押し目となっています。
 
(3941)レンゴー
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!