相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(8860)フジ住宅

 四季報によると、投資用の一棟売りアパート堅調。低採算の中古住宅の構成比向上。外形標準課税強化も響き営業益の伸び鈍化。ただ、会社は消費再増税見込むが、中古住宅の販売見込みが保守的。会社計画を増額。一棟売りアパートは地域的には飽和点に接近、兵庫県西宮市など販売エリア拡充を企図。高齢者住宅を3~4月で5棟取得、3年間で15棟計画上回る公算も。

 7月29日決算発表。2016年3月期は、前期比、営業利益+24.8%、経常利益+22.6%の大幅増収・増益で着地。2017年3月期予想は、16年3月期比で営業利益+2.9%、経常利益+1.9%と小幅の増収・増益の見通し。

 下値を切り上げる長期上昇トレンド(A)の中で、2012年11月13日の391円を安値にアベノミクス相場にサポートされて急騰し、2013年5月10日の835円まで上昇して、当面のピークとなりました。ここから2014年5月21日の553円まで下げて底打ちとなり、2015年11月24日の806円まで戻したあと、三角保ち合い(B)となりました。この煮詰まったところで今年の6月24日の637円、7月8日の635円と2点底をつけ、7月22日に672円で買転換となって8月1日に708円まで上昇しました。
 
(8860)フジ住宅
 

(1954)日本工営

 四季報によると、海外はイラクなど大型案件寄与。国内はインフラ維持管理積み上げるが、大型案件乏しく、復興関連も一巡。17年6月期は国内のインフラ維持管理の手持ち受注豊富。東南アジア案件が貢献。買収した英建築設計フル寄与。のれん償却吸収。英2位建築設計(前期営業益約12億円)を164億円で買収。日本でも公共建築や商業施設改修など受注増へ。

 8月12日決算発表。2016年6月期決算は、前期比で経常利益が-20.3%の下方修正で着地。2017年6月期予想は、2016年6月期比で、営業利益+27.0%、経常利益+44.3%の大幅増収・増益見通し。

 2013年8月28日の330円の安値から上昇トレンド(A)を形成。この中で2014年1月22日の577円、4月2日の542円、7月28日の555円と順上げの三尊天井となって、上昇トレンド(A)を切って10月17日の412円まで下落。ここから2015年2月19日の519円まで戻したあと、三角保ち合い(B)となり、11月27日に468円で売転換となって、今年の1月22日の361円まで急落となりました。いったん2月1日の438円まで自律反発となるものの、その後は下向きの先細三角形の下落となっていました。しかし、この中で7月6日の295円、8月8日の300円と2点底をつけたあと、8月12日の決算発表を受け、8月15日に344円で買転換となっています。
 
(1954)日本工営
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!