今週は、市場参加者の少ない中、高値圏でのこう着感強い展開

<先週は、アメリカ株式の史上最高値更新を受け、2ヶ月ぶりの16900円台で引ける>
 先週の予測では、夏場の市場参加者減少の中で市場ボリュームは増加せず、16550~16850円の中で、どこまで戻るかはアメリカ株式と円安次第となるが、戻りのあとは上値の重い展開になるとしました。結果的には、前週末のアメリカの7月雇用統計の結果を受けアメリカ株式が3指標(NYダウ、S&P、ナスダック)そろって史上最高値を更新したことを受け、一時、原油安からもたつくことがあったものの、週末の12日(金)には△184円の16919円となって16550~16850円のゾーンを突破して引けました。

 週明けの8日(月)は、前週末の雇用統計が予想を大きく上回ったことで、アメリカ株高、為替の102円台前半への円安基調、さらに日銀のETF買い期待から△207円の16462円で寄り付き、上げ幅を拡大して△396円の16650円の大幅反発となりました。9日(火)は円安基調を支えに週末のオプションを控えた先物への思惑的な買いも入り、△114円の16764円と続伸しました。10日(水)は、為替が101円台の円高に振れたことで、一時▼107円の16657円まで下げるものの、その後はETF買いを背景に先物主導で△57円の16822円とプラスに転じるものの翌日の休日を控え、上値を追えず▼29円の16735円で引けました。休日明けの12日(金)は、前日のアメリカ市場で原油価格の反発を受け、NYダウ、S&P、ナスダックの3指標がそろって史上最高値を更新したことでSQ値は16926円となり、日経平均は△142円の16877円で寄り付いて前引けは△121円の16856円となりました。この時点では、SQ値を大きく下回って引けているため、幻のSQとなって16926円が大きな上値抵抗ラインとなる可能性もありましたが、後場になるとETF買い期待から先物買いによって上げ幅を拡大し、一時△208円の16943円をつけてSQ値の16926円や7月21日の高値16938円を突破して終値は△184円の16919円で引けました。

 この日の引け後のアメリカ市場では、7月の小売売上高や生産者物価指数が予想を下回ったことで指標はマチマチの動きとなり、ナスダックは△4Pの5232Pと最高値を更新しましたが、NYダウは▼37ドルの18576ドルと小反落となりました。為替は経済指標が予想を下回ったことで年内の利上げ観測が後退し、ドルが100.83円まで売られ、101.26円で引けたことでシカゴに日経先物は▼110円の16810円となっていました。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週は、市場参加者の少ない中、高値圏でのこう着感強い展開