相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(1814)大末建設

 四季報によると、単体受注目標574億円(前期比3%減少)。工場、倉庫等の一般建築好調。マンション建設は横ばい。前期の好採算案件なく、利益率低下。労務費の上昇も重く営業益反落。前期の減損消えて純益増。採用情報パンフレットを創刊し、当社含む協力会社全体で技能労働者確保を図る。マンションに比べ工期が短い一般建築、リニューアル案件の受注増に軸足。

 8月3日決算発表。2016年3月期は、前期比大幅増収・増益で着地。

 2017年3月期予想は、5月22日発表時点では、2016年3月期比で営業利益―51.5%、経常利益―55.4%と大幅減収減益だったが8月3日発表時点では、営業利益―18.9%、経常利益―17.7%と減収・減益幅を大きく縮小。

 2012年6月4日の390円、9月6日の410円を2点底にして11月中旬からのアベノミクス相場にサポートされて、上昇トレンド(A)を形成。この中で2013年10月30日に1570円とピークを打ち2014年2月4日に1000円まで押し目を入れて4月24日の1190円まで反発するものの、ここを戻り高値に下降トレンド(B)へ転換しました。この下降トレンド(B)の中で10月14日に824円をつけて、もみあったあと下向きの先細三角形を形成しつつありましたが、2015年8月25日の682円を安値に上放れとなり、12月2日の1077円まで戻しました。ここから今年の2月12日の669円まで下げて5月31日の1068円まで戻したところで、再び押し目形成となっています。
 
(1814)大末建設
 

(3107)ダイワボウホールディングス

 四季報によると、主力のITはPCやや縮小でも周辺機器は拡大、格安スマホも伸長続く。繊維も合繊・レーヨン好調。ただブラジルの子会社が経済混乱で水面下。営業益伸び鈍い。ただ特損減り最高純益更新ペース。 マイクロソフトとの連携を踏まえ法人向けウィンドウズスマホを拡販方針。衛生材の需要拡大に対応し、子会社での化合繊原綿の生産能力引き上げを計画。

 8月4日決算発表。2016年3月期は、2015年3月期比で営業利益、経常利益ともに2ケタの増収・増益で着地。2017年3月期予想は、前期比、営業利益+0.9%、経常利益-3.9%とほぼ前期と変わらない見通し。

 基本的には、2011年3月11日の東日本大震災直後の3月15日の110円を底値に、2012年9月5日の132円を安値とし、11月中旬からのアベノミクス相場にサポートされた長期上昇トレンド(A)の中にあります。この中で2015年6月2日に287円でピークをつけ、8月25日の191円まで下げて反発し、11月13日の272円を2番天井に再下落となって、今年の2月12日には一時上昇トレンド(A)を切って185円まで下げました。ここから下値を切り上げる上昇となって7月25日に246円まで戻して押し目を形成しています。
 
(3107)ダイワボウホールディングス
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!