戻りのあとは、もみあって個別物色へ

<先週は、一時100円台の円高進行で16000円台を試す動きに>
 先週の予測では、下値は堅いが円高やアメリカの7月雇用統計を控えて上値は重いとし、16550~16850円のゾーンにはいると上値は重くなるとしました。 結果的には、為替は102~105円のレンジ内の動きを想定していたところ100円台後半までの円高進行となり、101円台の推移となったことで日経平均も16000円台まで下げ週末の終値は16254円とチャート分析で想定していた下値メド16300円を割って引けました。

 週始めの8月1日(月)は、前週末の7月29日(金)のシカゴCMEの▼290円の16320円にサヤ寄せする形で▼250円の16319円をつけたあと、日銀のETF買い期待から先物主導で切り返し△66円の16635円で引けました。しかし2日(火)は、前日の海外でNYダウの6日続落や原油価格が一時1バレル=40ドルを切ったことを嫌気し▼244円の16931円と大幅反落しました。さらに3日(水)になると欧米株安と1ドル=100円台後半の円高、又、日銀のETF買いの効果が見られなかったことで、▼308円の16083円の大幅続落となり、13週移動平均線、26週移動平均線を割り込み、柴田罫線でも短期の売転換出現となりました。この時点では、週末のアメリカの7月雇用統計の結果が予想を下回れば15800円水準が目先の下値メドとなるところでした。 しかし4日(木)になると前場は7月12日以来の15921円と15900円台となって前引けは▼62円の16020円でしたが、後場になると日銀がETFの買い入れ額を前日の2倍の700億超えまで買ったことで先物をまじえて△171円の16254円まで上昇し、3日ぶりの反発となりました。5日(金)は、前日のイギリスで大規模な金融緩和を決定したことを受け△101円の16355円まで上昇しましたが、引け後のアメリカの7月雇用統計を控え様子見となって▼0.4円の16254円で引けました。

 5日(金)の日本市場の引け後のアメリカでは、注目の7月の雇用統計は非農業部門雇用者数は、予想の18万人を大きく上回る25.5万人となりましたが、早期利上げ観測は、それほどの高まりをみせませんでした。

 そのため日米金利差期待からのドル買い・円売りも102円台を一時回復するものの、引けでは101.75円台とわずかの円安で引けました。S&Pとナスダックは史上最高値を更新し、NYダウは△191ドルの18543ドルを史上最高値に接近して、シカゴ日経先物は△200円の16410円でした。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 戻りのあとは、もみあって個別物色へ