相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(9438)エムティーアイ

 四季報によると、全体の有料会員数は漸減だが顧客単価の高いスマホ会員比率増える。前半は携帯ショップ経由の入会が伸び悩むがアフィリエイト費用が抑制され増益。増配。17年9月期もスマホ会員の単価上昇続く。企業向け健康管理サービスパック、スポーツジムと展開するスポーツ管理サービスなどヘルスケア事業を次期の柱に育成。営業先の引き合い旺盛で手応え。
7月29日発表時点。2016年9月期決算予想は、4月28日時点の予想を営業利益+10.7%→17%、経常利益+12.5%→19.2%と上方修正の見通し。
2013年4月12日の235円(1/2分割前470円)、1月19日の240円と2点底をつけて上昇トレンド(A)を形成。この中で2015年2月27日には986円まで上昇し、ここをピークに3月19日の751円まで下げて、下値を切り上げるゆるやかな上昇となったものの、8月11日の930円で戻り高値となって下降トレンド(B)に転換しました。この中で今年の2月12日の580円で当面の底打ちとなって反発し、下降トレンド(B)を上にぬけて5月10日には849円まで戻しましたが、再下落となって7月8日に627円の安値をつけ、7月11日に661円で買転換となり、8月1日には719円まで上昇しましたが、日経平均の下落につれ安となっています。

(9438)エムティーアイ

(8018)三共生興

 四季報によると、繊維生活関連事業は衣料OEMの苦戦が続く。ファッション関連事業も国内は消費低調なお響く。ただ前期減速した中国事業は底入れ。高級枕ロフテーの譲渡で縮小ながら採算は良化。営業益底入れ。 高級枕のロフテーはエアウィーヴに譲渡。主力の衣料へ集中。中国でのDAKSの販売で新たに小売り最大手の百聯集団と提携、上海などでの販売網を強化。
5月12日時点。2016年3月期は、前期比で営業利益、経常利益ともに大幅下方修正で着地。2017年3月期予想は、2016年3月期比で営業利益+16.4%、経常利益+4.7%と回復見通し。
2012年10月29日の256円を安値に11月中旬からのアベノミクス相場にサポートされて上昇トレンド(A)を形成。この中で2015年3月20日の552円でピークをつけ、天井圏でもみあって5月15日の540円を2番天井にして、8月25日の422円まで下落し、その後450~490円の間でもみあい10月7日の488円を戻り天井にして下降トレンド(B)となって上昇トレンド(A)を下に切りました。この下降トレンド(B)は下向きの先細三角形の下げとなり、この中で5月13日の351円(ろく売)、6月10日の327円(ろく売)、6月24日の308円(ろく売)と3つの窓を空ける下げとなって6月24日の306円で底打ちの形をつくりました。ここから戻りの体制にはいってきています。

(8018)三共生興

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!