今週は、ETF購入拡大で底堅いものの上値も重い

<先週は、想定した16550~16850円を一時、下に切るが終値では16550円守る>
 先週の予測では、FOMCと日銀金融政策決定会合という日米金融政策決定会合をにらみながらのもみあいを想定し、基本は16550~16850円のもみあいを想定しました。但し、前提は為替チャートで想定したような105~108円のレンジでした。結果的に、為替は25日(月)の1ドル=107.72円をドルの高値に29日(金)の101.97円までの円高進行となったことで円に連動している日経平均も27日(水)の16821円を高値に、29日(金)の16174円まで下落しました。しかし終値では△92円の16569円で引けました。

 週始めの25日(月)は、先週末のアメリカ株高を好感し買い先行で始まって△151円の16778円まで上昇するものの、任天堂の急落もあって上値重く、円も下げ渋ったことで▼6円の16620円と小幅続落となりました。26日(火)は、アメリカ株安、円高で売り優勢となり3日続落となって▼226円の16383円と6日ぶりに16500円を割れました。27日(水)になると経済対策規模が28兆円規模になるとの報道や日銀の追加緩和期待が再び頭をもたげ一時△438円の16821円まで上昇し、△281円の16664円と4日ぶりに大幅反発となりました。しかし、28日(木)は翌日の日銀金融政策決定会合を前に様子見となって▼187円の16476円と反落。29日(金)の日銀会合での追加緩和はETFの年間買い入れ額を現在の3兆3000億円から6兆円に拡大することを決定しましたが、不十分である見方もあり大きな乱高下となりました。発表直後△202円の16679円まで上昇し、一転急落となって▼302円の16174円となりましたが、引けにかけては△92円の16569円の反発で引けました。

 週末29日(金)の日本市場の引け後のアメリカ市場は、NYダウは▼24ドルの18432ドル、ナスダック△7Pの5162Pとマチマチの動きとなりました。内容的には4-6月期のGDPが個人消費は伸びたものの企業設備投資が減少し、市場予想を大きく下回りました。その結果、利上げ観測が後退して長期金利が低下しドルが売られて一時101.97円をつけました。そのためシカゴ日経先物は▼290円の16320円となっていました。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週は、ETF購入拡大で底堅いものの上値も重い