今週は、FOMCと日銀金融政策決定会合を前に様子見

<先週は、NYダウの7日連続史上最高値更新、円安、緩和期待背景に一時16900円台へ>
 先週の予測では、円安、政策期待で底堅いものの16550~16850円のレンジの動きを想定しました。ここを突破するには売買代金が増加することがポイントであり、為替も105~108円のレンジの中で108円を目指せば16550~16850円のゾーンの上値を試すことになるとしました。 結果的には、21日(木)に前日のNYダウが7日連続の最高値更新となり、為替も1ドル=107円台の円安となったことで前場に16938円まで急騰しましたが、その後は戻り待ちの売りに押され出来高もそれほど増加しなかったことで△128円の16810円で引けました。週末は▼182円の16627円の大幅反落となっています。先週の安値は16514円、高値は16938円ですが終値ベースでは16550~16850円のレンジに収まりました。

 連休明けの19日(火)は、日本市場が休場の前日にアメリカ株高、106円台の円安を好感し、又、日銀の金融政策決定会合に対する期待から6日続伸となって△225円の16723円となりました。20日(火)は連騰の警戒感から利益確定売り優勢となって▼41円の16681円と7日ぶりに反落しました。しかし21日(木)は、NYダウが9連騰し、そのうち7日連続の最高値更新となり、為替が107円台前半の円安にふれ、任天堂を中心とした「ポケモンGO」関連が盛り上がっていることもあり、前場は△257円の16938円まで上昇しました。その後は戻り待ちの売りに押され、上げ幅を縮小し△128円の16810円で引けました。週末の22日(金)は、前日のNYダウが10日ぶりの反落となり、為替も105円台の円高にふれたことで、利益確定売り優勢となり、一時▼243円の16566円まで下げましたが終値は▼182円の16627円となりました。

 日本市場の引け後のアメリカ市場では、発表されている4-6月期決算が概ね好調のため、高値警戒感が薄れて株式は反発となり、NYダウは△53ドルの18570ドルとなりました。S&Pは再び史上最高値更新となっています。シカゴ日経先物は▼20円の16610円でした。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週は、FOMCと日銀金融政策決定会合を前に様子見