今週は、一段の円安進行とならなければ16550~16850円のレンジの動きを想定

<先週は、好材料続出となって5日続伸>
 先週の予測では、自律反発のあと為替の動きと経済政策の規模に注目としました。予測の時点では、アメリカ株式の上昇や参議院選挙で与党勝利で経済対策(10兆円を超す規模)の期待から、自律反発を試したあとは調整トレンドに戻ると想定しました。為替が1ドル=100円を切った場合の円の下落の程度によって日経平均の買チャンスを考えてみましたが、そうはなりませんでした。逆に日経平均が16000円台を回復してくると戻りは続くとしましたが、105円以下のままですといずれ下値を試すことになる可能性もあるとしました。

 結果的には、11日(月)の△601円の15708円をスタートに週末の15日(金)の△111円の16497円と5日連騰で前週比1390円幅の上昇となり、イギリスのEU離脱直前の6月24日の16389円を上回って引けました。 この上昇の背景には、イギリスで首相が決定したことでEU離脱後の不安感もいったん落ち着き、NYダウやS&Pが史上最高値を更新し、国内では参議院選挙に勝利して政府の経済政策への期待が高まったことがあります。

 11日(月)は、先週末の欧米株式が大幅高(特にアメリカでは6月雇用統計が予想を大きくこえるサプライズ的な改善)となり、前日の参議院選挙で憲法改正に前向きな与党が3分の2を占めたことが好感され、経済政策期待も高まって△601円の15708円と大幅反発となりました。12日(火)も引き続いて前日の欧米株高、円安を受け△386円の16096円と約半月ぶりに16000円台を回復し、柴田罫線では買転換出現となりました。13日(水)は前日にS&Pに続いてNYダウも史上最高値を更新し、為替も104円台までの円安となったことで△135円の16231円とイギリスのEU離脱の急落前日の6月23日の終値16231円とほぼ同水準まで戻しました。さらに、NYダウとS&Pの最高値更新が続いたことで14日(木)も△154円の16385円、15日(金)は△111円の16497円となりました。

 15日(金)の動きは、海外株高に加え為替が一時106円台前半までの円安進行となったことで後場すぐに△221円の16607円をつけましたが、大引けにかけては上げ幅を縮小し△111円の16497円で引けました。上昇の内容をみるとファーストリテイリングがストップ高で指数の196円分となっていますので、日経平均はマイナスということになります。

 日本市場の引け後のアメリカ市場では、上昇一服となって指数はマチマチとなり、NYダウのみが△10ドルの18516ドルと4日連続で史上最高値更新となりました。為替もドル高一服となりシカゴ日経先物は▼95円の16485円となっていました。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週は、一段の円安進行とならなければ16550~16850円のレンジの動きを想定