今週は、自律反発のあと為替に注目

今週は、自律反発のあと為替に注目
― 景気対策の規模次第では、さらなる上昇の場合も ―

<先週は、イギリス離脱後、急落の買い戻しが一巡し、円高基調で再下落へ>
 先週は、アメリカ株式と為替の動向をみながらもみあいの展開を想定しました。その場合、アメリカの経済の好調さが確認されれば、早期利上げの思惑が生まれてドル買い・円売りとなり、経済の内容が変わらなければ利上げ後退となってドル売り・円買いとなって1ドル=100円を試す可能性があり、日経平均は下落となってくるとしました。

 結果的には、アメリカの経済指標は好調となったものの、ヨーロッパでは金融不安の再燃の懸念が生じてアメリカが早期利上げする状況でなくなり、6月雇用統計は非農業部門雇用者数は急回復となったものの失業率や平均時給は予想を下回り早期利上げにつながらず、円高基調となりました。 アメリカ株式は、経済指標は好調で、かつ早期利上げは大きく後退した結果となったことで過去最高値を伺う展開となりました。しかし日経平均は円が再び100円を試す動きとなってきたこたことで4日連続安でした。

 より具体的には、週始めはイギリスのEU離脱後の世界株式の急落からの落ち着きで世界の株価が自律反発となり、日経平均も△93円の15775円スタートとなりました。しかし欧州市場の買い戻しの流れも前週末で一巡し、次にはイギリスのEU離脱によって、他のEU各国への影響が深刻化するのではないかとの見方が再燃しました。イタリア銀行など欧州金融機関の不良債権問題や、スペイン、ポルトガルの過剰赤字問題などからリスク回避の動きとなって、為替市場ではポンド売り・円買いが進行、ドル・円では日米金利差の縮小からのドル売り・円買いとなって円高基調の流れとなり日本株式も売られる展開となりました。5日(火)は▼106円の15669円、6日(水)は▼290円の15378円、7日(木)は▼102円の15276円、8日(金)は▼169円の15106円と4日連続3ケタの下落となりました。

 8日(金)の日本市場が引けたあとのアメリカでは、注目の6月雇用統計が発表され、非農業部門雇用者数は、予想の+17.5万人を大きく上回る+28.7万人の急回復となりました。これを受けてNYダウは今年の4月20日の18167ドルにあと1ドルという18166ドルまで上昇し、終値は△250ドルの18146ドルとなりました。 これに連動しシカゴ日経先物は大証比△220円の15340円で引けました。ただし、為替はヨーロッパ情勢や6月雇用統計の中の失業率や平均時給が予想を下回ったことで、早期利上げ観測につながり円高基調のままでした。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 今週は、自律反発のあと為替に注目