S&P 500月例レポート

投資家が押さえておくべきポイント
 英国の国民投票の結果は確定しました。そして、S&P500指数は6月に上昇し、許容範囲といえる0.09%(配当込みで0.26%)のリターンを上げました。第2四半期は1.90%(同2.46%)の上昇、年初来では2.69%(同3.84%)、過去1年間のリターンは1.73%(同3.99%)となっています。現在の水準は引け値ベースの過去最高値から1.5%下回っています。

 6月の市場では短期的および長期的に重要な節目となる出来事が幾つかありました。

・6月24日(金)にS&Pグローバル総合指数の構成銘柄の時価総額は、1日としては過去最悪の2兆800億ドルを失いました。

 *損失の発生は翌週の27日(月)まで及び、さらに9,200億ドルの時価総額が失われて、2営業日合わせると過去最高の3兆ドルが消失しました。

 *28日(火)は下落に歯止めが掛かり、その後3日間リバウンドした結果1兆8,900億ドルを取り戻し、結局、国民投票後の5日間での時価総額の減少は1兆1,200億ドルとなりました。その結果、6月は6,550億ドルの減少で月を終え、年初来では5,350億ドルの減少となっています。

・英ポンドは対米ドルで、投票日当日の取引時間中に一時1ポンド=1.50ドルを付けたものの、翌日の24日には30年ぶりの安値まで下落し、その後落ち着きを取り戻して(今のところは)、同1.3320ドルと5月末の1.4483ドルから8.0%下落した水準で6月末を迎えました。

 *S&Pグローバル・レーティングは、英国の格付けを「AAA」から「AA」に引き下げました(米国の格付けは「AA+」を確認しています)。

・米国10年債利回りは、過去50年間の最低水準1.40%に迫る1.42%まで低下した後、6月末は1.48%となりました(5月末は1.84%、2015年末は2.27%。

・原油価格は1バレル50ドル台を回復したものの、英国の国民投票前に40ドル台に下落し、5月の48.95ドルから1.2%安の48.38ドルで6月の取引を終えました。

・金価格は1,300ドル台まで戻した後もその水準を維持し、1,325.10ドルと5月末の1,219.30ドルから8.7%上昇しました。

・VIX恐怖指数は26.72を付けた後、15.63と5月末の14.19を上回って6月を終えました。ただし、過去の基準からみると、依然として低い水準にとどまっています。

・6月の米国株式市場のパフォーマンスは世界の大半の市場を上回り、世界の株式市場の時価総額に占める米国の割合は(S&Pグローバル総合指数による)、6月末に51.72%まで上昇し、5月末の51.51%、2015年末の51.11%を上回っています。

7月のフューチャー・ショック:
 過去の実績を見ると、7月は56.8%の確率で上昇しており、上昇した月の平均上昇率は5.12%、下落した月の平均下落率は3.24%で、全体の平均騰落率はプラス1.51%となっています。

FOMCの会合:
 7月26-27日、9月20-21日※、11月1-2日、(米国大統領選の投票日は11月8日)、12月13-14日※

※議長の記者会見が通常、米東部時間午後2時30分に行われます。また、四半期ごとの経済見通しの改定が2時に発表されます。
 
zu8
 

ハワード・シルバーブラット
S&P ダウ・ジョーンズ・
インデックス
シニア・インデックス・アナリスト

本翻訳は、英文原本から参照用の目的でS&Pダウ・ジョーンズ・インデックス(SPDJI)が作成したものです。
SPDJIは、翻訳が正確かつ完全であるよう努めましたが、その正確性ないし完全性につきこれを保証し表明するものではありません。英文原本についてはこちらをご参照ください。
HTTP://WWW.SPINDICES.COM/RESOURCE-CENTER/THOUGHT-LEADERSHIP/MARKET-COMMENTARY/

 
 

免責条項

著作権© 2015年 マグロウヒル・フィナンシャルのグループ会社、S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスLLC。不許複製S&P Indices Market Attributes、S&P、S&P Indices、S&P 500、S&P GSCI、S&P WCI 及びSTANDARD & POOR’Sは、スタンダード&プアーズ・ファイナンシャル・サービシーズLLCの登録商標です。「ダウ・ジョーンズ」は、ダウ・ジョーンズ・トレードマーク・ホールディングズLLC(以下「ダウ・ジョーンズ」)の登録商標です。本資料の全体または一部の再配布、複製、そして(または)複写を書面による承諾なしに行うことを禁じます。


みんなのETF

1 2 3 4 5 6

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 
みんかぶマガジン> 全ての記事> ETF/REIT> S&P 500月例レポート