S&P 500月例レポート

 個別銘柄のニュースとしては、5月の自動車販売台数は前年同月から減少し、Ford(F、同6.8%安)は6.1%減、General Motors(GM、同9.5%安)は18%減となりました。トヨタ(TM、同3.3%安)は、排気装置の不具合により世界で290万台のリコールを発表しました。Volkswagen(VLKAY、同12.4%安)は、ディーゼル車の排ガス問題をめぐり米政府と150億ドルを支払うことで和解する構えであると報じられました。Royal Dutch Shell(RDS.A、同13.9%高)は、2018年までに約300億ドル相当の資産を売却し、2016年の設備投資が290億ドル(2014年比35%減)となるとの計画を発表しました。バイオ製薬企業のValeant Pharmaceutical International(VRX、同29.2%安)は2016年のガイダンスを下方修正しました。インターネット小売り大手のAmazon.com(AMZN、同1.0%安)は、インド事業拡大のための投資額を従来計画の50億ドルから30億ドル追加すると発表しました。Walt Disney(DIS、同1.4%高)は推定55億ドルを投じた「上海ディズニーリゾート」が新たに開園しましたが、フロリダ州オーランドのテーマパークで2歳児が死亡した事故でお祝いムードが打ち消されました。Synchrony Financial(SYF、同19.0%安)は、クレジットカードの貸倒引当金を引き上げるとの警告を発しましたが、これは業界全体の傾向を示唆している可能性があります。Apple(AAPL、同4.3%安)は、インドの規制緩和を受けてインド国内で直営店開設を計画する一方で、中国事業は一段と苦戦しています。イランはBoeing(BA、同2.9%安)と総額250億ドルの航空機購入契約をめぐって合意し、米当局の承認を待っています。Airbnbは、企業価値を300億ドルとする新規投資をめぐって交渉を行っているとの報道がありました。Tesaro(TSRO)は卵巣がん治療薬の臨床試験で生存率の改善が示され、株価が6月に81.5%上昇し、時価総額は38億ドルになりました。米財務省はGeneral Electric(同4.1%高)を「システム上重要な金融機関」(大き過ぎてつぶせない)リストから除外しました。FRBは銀行33行に対するストレステストの結果を発表し、理論上で総額3,850億ドルに上る損失にも耐え得るとして、全行を合格としました。また「大き過ぎてつぶせない」銀行33行のうち31行の株主還元(配当および自社株買い戻し)計画を承認し、Deutcsche Bank(IMFは同行について、世界で最もリスクの高い金融機関と言及)の米国支店とSantanderの資本計画を却下しました。Morgan Stanley(MS、同5.1%安)は、資本計画を再提出するという条件付きで承認されました。過去の例を見ると、承認された銀行は自社株買い戻しの拡大や増配を行っています。

 米国10年国債利回りは5月末の1.84%から低下して1.48%で取引を終えました(2015年末は2.27%、2014年末は2.17%)。30年債の利回りは5月末の2.65%から2.28%に低下しました(同3.02%、同2.75%)。通貨は値動きが大きくなり、米ドルは対ユーロで上昇し、1ユーロに対して5月末の1.1125ドルから6月末は1.1114ドルとなりました(2015年末は1.0861ドル)。米ドルは対英ポンドでも上昇し、1ポンドに対して5月末の1.4462ドルから1.3320ドルとなりました(同1.4776ドル)。一方、ドルに対する円高が進み、1ドルに対して5月末の110.631円から103.02円となりました(同120.66円)。人民元は1ドルに対して5月末の6.5790元から6.6648元に下落しました(同6.4931元)。金価格は1,300ドル台を付けた後もその水準を維持し、5月末の1,219.60ドルから1,325.10ドルに上昇して取引を終えました(2015年末は1,060.50ドル、2014年末は1,183.20ドル)。原油価格は不安定な値動きとなり、一時1バレル51ドルを上回ったものの、5月末の48.95ドルから48.38ドルに下落しました(同37.04ドル、同53.27ドル)。ガソリン価格は引き続き上昇し、5月末の1ガロン2.300ドルから2.329ドルに上昇しました(同2.034ドル、同2.299ドル)。6月のVIX恐怖指数は5月末の14.91から15.63に上昇して月を終えました(2015年末は18.21)。
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 
みんかぶマガジン> 全ての記事> ETF/REIT> S&P 500月例レポート