S&P 500月例レポート

S&P 500®

英国の奴らめ

 英国の奴らめ――少なくとも、ポートフォリオ・マネジャーたちはそう思ったはずです。というのも、欧州連合(EU)残留派勝利との予想から一転して離脱派が勝利を収めた英国の国民投票は、結果として、世界の時価総額に2兆800億ドルという過去最悪の損失をもたらしたのです。それどころか、まとまった空売りをした投資家もいなかったため、買いが入る動きは見られませんでした。国民投票後、株式市場には避難先がほとんどなく、「質への逃避」が金と債券の価格を押し上げ(利回りは低下)、VIX恐怖指数も上昇しました。英ポンドは下落し、対米ドルでは30年ぶりの安値を付けましたが、英国の運命以上にEUの運命が窮地に立たされました。市場の混乱は選挙結果が判明した24日の金曜日だけでは収まらず、週明けの月曜日にも影響が及んでさらに9,310億ドルの損失が生じ、2営業日合わせると過去最高の3兆100億ドルが投資家の懐から失われることとなりました。しかしながら、(少なくとも現実的なファンダメンタルズ抜きの)反射的な動きによる恩恵もあります。相場の下落が止まり、その後3日間で2兆700億ドルのリバウンドを見せ、マーケットは持ち直しました。結局、国民投票後の5日間を9,360億ドルのマイナスで終え、年初来では3,530億ドルのマイナスとなりました。これで損失が解消されたわけではなく、もちろん、不安定な状況から脱したわけではありません。離脱の詳細が固まるまでには何年もかかり、今の段階では(シェイクスピアには悪いけれど)、とんでもない憶測、政治的な会合、過剰な宣伝による相場の浮き沈みは避けられないでしょう。

 大西洋のこちら側では、状況は良くないものの、あのジャクソンホール、または米国の格付けが「AA+」に引き下げられた時(損失額は、1日としては史上5番目となる1兆5,500億ドル)とは違いました。プラスの面として挙げられるのは、利上げについて議論する人がいなくなったこと(7月の米連邦公開市場委員会(FOMC)での利上げなど、想像できるでしょうか?)、米国経済は依然として底堅く(絶好調とは言えないまでも良好)、そして何よりも、「ブレグジット(英国のEU離脱)」が米国の政治から私たちの関心をそらしたことです。そして、債券担当の同僚たちが英国の格付けを「AAA」から「AA」に引き下げる必要性を強く感じたのは言うまでもありません。世界中の金利が一段と低下して利息を当てにする投資家には何の足しにもならず(しかし、ストレステストでの米連邦準備制度理事会(FRB)による増配の承認は、銀行の配当を当てにする投資家の助けになるはずです)、また、様子見資金を株式市場に呼び戻そうという目標からは、一歩後退したかもしれません(後退ではなく失敗とみる向きもありますが)。

 S&Pグローバル総合指数(BMI)の構成銘柄の時価総額は、6月に4,730億ドル減少して42兆6,700億ドルとなりました(5月は1,210億ドルの減少)。年初来では3,530億ドルの減少です。一方、S&P500指数の時価総額は6月に680億ドル減少して18兆1,900億ドルとなりました(5月は2,240億ドルの増加)。年初来では2,930億ドルの増加です。S&P500指数がBMIの時価総額に占める割合は、前月の42.33%から42.64%に上昇しましたが、この割合は2015年末には41.61%、2010年末には33.87%でした。日経平均と上海総合指数は6月中に互いに異なる動きを見せましたが、それぞれ年初来のパフォーマンスでは大差ない水準で月を終えています。6月の日経平均は9.63%の下落となり(5月は2.98%の上昇)、年初来では18.71%の下落です。6月の上海総合指数は0.45%の上昇となり(5月は0.74%の下落)、年初来では17.22%の下落です。

 国民投票の結果は確定しました。そして、S&P500の6月のリターンは許容範囲といえる0.09%(配当込みで0.26%)で、プラスで月を終えることができました。第2四半期は1.90%(同2.46%)のプラスとなり、年初来では2.69%(同3.84%)、過去1年間のリターンは1.73%(同3.99%)となっています。現在の水準は引け値ベースの過去最高値から1.50%下回っています。

 今となっては信じられないかもしれませんが、6月には英国の国民投票以外にもマーケットと世界のそれぞれで(筆者は、マーケットと世界が同じと考えるほど無邪気ではありません)様々なイベントがありました。スイスの有権者は、雇用状況にかかわらず全員に収入を保証するという提案を否決(反対77%、賛成23%)しました。フロリダ州オーランドのナイトクラブで、テロリストに共感した犯人の銃撃により49人が死亡し、トルコのイスタンブール空港では自爆テロで42人が死亡しました。ロンドンでは、国民投票に向けた活動期間中に下院議員が撃たれて(英国では極めてまれな事件)亡くなり、EU残留派、離脱派とも2日間にわたり活動を停止しました。ドイツの10年物国債が、日本、デンマーク、スイスに続いて史上初のマイナス利回りで取引され、さらに、スイスの30年物国債利回りも初めてマイナス圏に突入しましたが、これは「ブレグジット」前のニュースでした。パナマ運河の拡張工事が完了し、2016年6月26日に正式に通行が開始されました。これによって、太平洋と大西洋の間でより多くの輸送が可能になります。株価指数を開発・算出するMSCIは、中国A株(本土で取引されている人民元建て株式)について、同社の新興国株指数への採用を見送ると発表しました。MSCIは情報開示と透明性に懸念を示しており、不採用の決定は3度目となりますが、今回は採用されるとの見方が大半を占めていました。それとは関係ないものの、人民元が対米ドルで5年ぶりの安値水準まで下落しました。中国はApple(AAPL、6月は4.3%安)が中国の特許を侵害したとして、「iPhone 6」と「iPhone 6プラス」の国内販売の停止命令を出しました。配車サービスのUBERは、サウジアラビアの政府系ファンドから35億ドルの出資を受けました。また、エンターテインメントのWalt Disney(DIS、同1.4%安)は新たなテーマパーク「上海ディズニーリゾート」を開園しました。総工費は約55億ドルとみられています。また、クレジットカードの貸倒引当金を引き上げると警告したSynchrony Financial(SYF)の株価は6月に19.0%下落しましたが、これは業界全体の傾向を示唆している可能性があります。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> ETF/REIT> S&P 500月例レポート