今週は、アメリカ株式と為替の動向をみながらのもみあいへ

<先週は、イギリスのEU離脱を織り込んだあと欧米株高につれ高>
 先週は、イギリスのEU離脱を受け、その影響を警戒しつつ各国の対応を注視しながら底入れを探る展開になりそうだとしました。日経平均をみると16年ぶりの大幅安という歴史的な下げは目先のショック安を織り込んだとの見方もでき、イギリスのEU離脱が落ち着けばチャートの形としては24日の終値、ザラ場ともに2月12日の終値14952円、ザラ場14865円に対するきれいなダブル底の形となっており、リバウンドに向かう可能性があるとしました。

 結果的にはイギリスのEU離脱は、24日(金)の急落につづく27日(月)の大幅反発で織り込んでしまい欧州株式は大幅反発となったことで、アメリカ株式も追随し欧米株式は連日の大幅続伸となりました。30日(木)は、イングランド銀行(BOE)が金融緩和の可能性を示唆したことで、イギリスFTは、急落前の水準に戻り、NYダウも3日連続の200ドルをこす上昇となって週末は一時18000ドルを回復しました。

 日経平均は、27日(月)は早朝から政府と日銀が緊急会議を開き、安倍首相が麻生財務大臣に対して日銀と連携して金融市場の安定を図るよう支持したことで政策期待が高まり、先週末の暴落の反動も加わって△357円の15309円と大幅反発しました。28日(火)は、前日の欧米株安を受けて△13円の15323円と小幅反発するものの、その後の欧米株式の連日の大幅高と円高一服を受け、日経平均は29日(水)は△243円の15566円、30日(木)は△9円の15575円、7月1日(金)は△106円の15682円と5日続伸となりました。欧米市場の上昇幅が大きいわりには、日経平均は5日続伸といっても下げ幅の半値上を少し上回る程度で上値の重い展開となっています。それは為替が円安方向への戻りが少ないためといえます。

 7月1日(金)の日本市場の引け後のアメリカ市場は、G7による中央銀行による緩和的な金融政策期待からNYダウは一時18000ドルを回復し、終値は△19ドルの17949ドルと4日続伸となりました。しかし為替が102円台後半へ円高が進んだためシカゴの日経先物は▼110円の15560円となっていました。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週は、アメリカ株式と為替の動向をみながらのもみあいへ