2016年7月1日時点での主要市場見通し

花の一里塚~市場見通しサマリー

2016年7月1日時点での主要市場見通し

zu0主要
 

基本シナリオと見通し数値について

 今号から、予想期間を 2017年 6月末までに延長した。 大枠のシナリオに変更はない。すなわち、世界経済は、決して強くはないが、一部の悲観論者が主張するような、中国経済の崩壊や米国景気の再後退入り、英国のEU離脱による世界経済の悪化などは想定しがたい。そうした経済実態に対して、特に日本株は売られ過ぎており、「リスク回避のための円高」も行き過ぎている。したがって、現時点から一旦は、世界的な株価上昇、外貨上昇が見込まれる。英国のEU離脱を「口実」とした、各国の政策対応も期待できる。

 しかし、日本国内での経済政策の一巡や、米大統領・議会選挙に向けての米国からの米ドル高けん制などにより、(当初想定の年央からやや後ずれして)7~8月と見込まれる株価・の調整が生じる、という見解も変わらない。

 これまで、日経平均株価が2万円超え、あるいは米ドル円相場が 120円台に達し、その後、年末に向けて再度2万円・120円割れ、というシナリオを提示してきた。残念ながら、これまでの相場展開の軟調さを踏まえると、7~8月の戻りは当初予想より弱く、高値は2万円・120円に達しないまま、年末に向けての調整局面に入ってしまう恐れが高いと、予想を修正せざるを得ないと考える。

 予想数値は前ページの表に示した通りだが、高値安値のイメージは、たとえば

日経平均であれば、 足元→7~8月高値:18000円台のどこか→今年末~来年初:17000円割れ→来年6月:2万円超え

米ドル円相場であれば、 足元→7~8月高値:110円台前半のどこか→今年末~来年初:110円割れ→来年6月:115円程度

といった動きだ。ポイントは、今後の国内株価や外貨相場(対円)は、現水準より高く推移すると見込むが、夏場を過ぎて年末年始までは、調整色が強い、ということだ。

 予想レンジについては、読者の方には大変申し訳ないが、年後半の予想を大幅に下方修正した。具体的には、2016年 12月までの予想レンジについて、前月号(6/1(水)時点)から、下記の修正を行なった(下線太字部は変更箇所)。

日経平均株価(円) 18000~ 21000 ⇒ 1500019000
10年国債利回り(%) -0.1~ 0.5 ⇒ -0.30.3
米ドル(対円) 112~ 125 ⇒ 100115
ユーロ(対円) 120~ 145 ⇒ 110125
豪ドル(対円) 80~100 ⇒ 7390

 2017年 6月までの予想レンジは、今号で新規に作成した。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 2016年7月1日時点での主要市場見通し