相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(2151)タケエイ

 四季報によると、インバウンド効果でホテル・大型商業施設改装工事増え、廃棄物処理拡大。地下鉄駅など夜間工事急増も追い風。前年度の価格改定効果は下期から発現。バイオマス発電順次立ち上がり堅調。外注費・償却費増など吸収し連続増益。増配余地。発電設備完成後(12月計画)、岩手県花巻市で木質バイオマス発電の売電開始。発電所の廃熱利用しハウス栽培検討。
 5月13日決算発表。2017年3月期予想は、前期比、営業利益+46.5%、経常利益+43.5%と大幅増収・増益。
 2013年9月17日の1745円を高値に本格調整となって下降トレンド(A)を形成し、2014年5月19日に793円まで下落しました。ここから8月20日の1294円まで戻したあと再下落となり、2015年2月2日に883円の安値をつけて上昇トレンド(B)へ移行しました。この中で前年の戻り高値(8月20日の1294円)を突破し、8月20日の1570円、8月31日の1569円とダブル天井となりました。ここから日経平均の急落と業績下方修正を受けて下降トレンド(C)へ転換し、この中で今年の2月12日の663円で底打ちとなりました。業績が上向いてきたことで上昇トレンド(D)を形成し、5月23日には1165円まで上昇していましたが、日経平均の急落につれ安しているところです。
 
(2151)タケエイ
 

(3284)フージャースホールディングス

 四季報によると、自社分譲は1120戸(前期900戸)に。地方展開進む。不動産投資事業では販売計画物件の長期保有方針への切り替えに伴い賃貸収入が増。建築コスト増を販促費抑制で補う。営業益好転。増配。不動産投資事業は仙台ホテル賃貸物件はじめ固定資産37億円分で開始。九州支店5月開設、全国拠点拡充続く。東京のスポーツクラブ運営会社(15店舗)取得。
 5月13日決算発表。2017年3月期予想は、前期比、営業利益+69%、経常利益+77.9%と大幅な増収・増益見通し。
 2013年9月18日の920円を高値に下向きの先細三角形(A)の下げ方となり、その煮詰まったところで2014年8月14日の450円、10月17日の449円とダブル底の形となって上放れし、2015年4月8日の685円まで上昇しました。ここを戻り高値に再下落となり、8月25日には424円と安値を更新し、この安値圏でもみあったあと今年の2月12日の415円をつけて、反発に転じ5月25日には好決算を受けて675円まで上昇しました。ここから日経平均の急落につれ安して大きく下げています。
 
(3284)フージャースホールディングス
 

(2768)双日

 四季報によると、市況低迷で石炭・金属苦戦。エネルギー赤字続く。だが、期ずれのプラント案件ありインフラ好反発。買収の自動車販売店が貢献。得意の航空、肥料、工業団地が着実稼ぐ。化学高水準。最高純益。フリーCF潤沢だが、当面は自己株買いよりも成長投資優先。16年度は自動車、航空、再エネなど非資源事業に1250億円(前期710億円)の投資計画。
 5月9日決算発表。2017年3月期予想は、2016年3月期は下方修正となったものの、2016年3月比で営業利益+50.5%、経常利益+19.7%に大幅回復。
 2012年10月15日の95円を安値に11月中旬からのアベノミクス相場にサポートされて、2013年5月22日の248円まで上昇。ここから上値を切り下げる直角三角形の保ち合い(B)となり、この煮詰まったところで2014年10月17日の150円、2015年2月2日の152円と2点底をつけて急騰し、5月28日の329円の高値をつけました。ここをピークに調整入りとなって下降トレンド(B)へ移行となりました。この下降トレンド(B)の中で今年の2月12日の192円で底打ちとなり、4月8日の204円を2番底に反発となり5月9日の来期の大幅増益予想を受けて6月8日の260円まで上昇しました。
 
(2768)双日
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!