ブロック経済圏はパラダイスか? 伏魔殿か?

 ブレグジットに関する各国政府、国際機関、格付け会社、大手メディアが取り上げる意見の大半はネガティブなものだ。私に離脱を主導した英国の政治家たちの資質を知るすべはないが、離脱に投票した人々は、双方の意見を聞いて決めたはずだ。意見の大勢が残留支持だったことを鑑みれば、離脱に投票した人々が「騙された」と捉えるのは、単に不透明感を煽る行為に他ならない。それでは前に進めない。

 大勢がブレグジットにネガティブだという意味は、世界を動かしたい人々は、ブロック経済圏を望んでいるという見方もできる。確かに、ブロック経済圏がパラダイスだと見なされた時期があった。また、世界が1つになれば、世界から戦争や紛争がなくなると信じられていた時代があった。しかし、現実はどうか?

 国連によれば、世界の難民数は2014年末時点でも5950万人と、第二次世界大戦後で最多となった。1日当たりでは平均4万2500人もが避難を余儀なくされているという。この数は5年間で4倍となり、世界中で122人に1人が難民、避難民、庇護申請者になった。また5950万人は世界で24番目に大きな国が出来る規模だという。世界は決して平和ではない。自らが平和を望めば、保証されるというものでもない。

参照:UNHCR Japan – 数字で見る難民情勢 (2014年)

 主な難民発生国がシリア、アフガニスタン、ソマリア、スーダンと続くことには、世界を動かしたい人々の影響が感じられるように思うが、ここでは触れない。

 では、ブロック経済圏が経済的にはパラダイスかと言うと、ユーロ圏を例に挙げれば、唯一の例外国を除いて、そうでもない。

参照図:ユーロ圏主要国の失業率の推移
zu1
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 
みんかぶマガジン> 全ての記事> その他> ブロック経済圏はパラダイスか? 伏魔殿か?