フリークアウトが高値更新、LINE関連人気が続く

 フリークアウト[東マ](6094)は、英国のEU離脱が決まった週明け6月9日につけた年初来の高値7110円を更新し、ストップ高と買われています。その影響が懸念される日立[東1](6501)や板硝子[東1](5202)などと対照的な動きとなっています。

 フリークアウトは、LINEが7月15日に東証1部または2部に上場を予定していますので、関連銘柄として物色の矛先が向かっています。

 LINEは、フリークアウト傘下でネイティブ広告プラットフォームを提供しているM.T.Burnの株式を取得し連結子会社化しています。
 また、フリークアウトは、LINE広告プラットフォームにRTB接続し、広告枠買い付けを行う国内唯一の認定DSPベンダーとして選定されていますので、関係の深さがうかがえます。

 全体相場は、ここから銘柄は二極化する方向と思われますが、フリークアウトにおいては、13週移動平均線(5048円)をサポートラインに高値を更新していますから、14年7月30日につけた上場来高値8620円を奪回する可能性は十分ありそうです。
 
ji_160627_6094
 
top
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> フリークアウトが高値更新、LINE関連人気が続く